2005年08月05日

郵政政局!?

162回通常国会が大詰めを迎えています。それにも関わらず、永田町では、本来取りかかるべき外交課題や内政課題の全てが置き去りにされたまま「郵政民営化」国会という名の壮大荘厳な茶番が繰り広げられています。何故茶番なのか、それは、自民党の反対派・賛成派の双方とも、郵政三事業が、サービス利用者である国民の視点から見てどうあるべきなのか、ということをベースに議論を行っていないからです。言い換えれば、亀井派を始めとする反対派は「反対のための反対」をし、小泉執行部は「賛成のための賛成」をしているのです。反対派の行動原理は、法案反対をテコにした単なる政治ゲームであり、賛成派のそれは、見当はずれの「改革」です。民主党も反対している点で亀井派と一緒じゃないか、というお叱りが聞こえてくるかもしれません。結論においては確かに同じかもしれませんが、私たちの反対は同じ反対でも中身が違います。現に、民主党は対案を用意していました。ですが、小泉インチキ法案を廃案にするための次善策として対案提出を見送り、本会議の採決に焦点を合わせたのです。この戦略が半ば成功して、自民党が液状化し始めているのは報道の通りです。そして、もう一方の、小泉「改革」案の行き着く先は、巨大な独占企業の誕生による民業圧迫と郵政事業の破綻です。従って、私たちは、自民党の双方の主張には絶対に与することはできないのです(だからこそ、私は7月5日の衆議院本会議採決の際に、自民党反対派議員が反対票を投じた際に、拍手を送ることなど決してしませんでした)。郵便事業は、その公共財的な性格からして、国が責任をもってユニバーサルサービスを維持すべきです。郵貯・簡保に関しては、その規模を段階的に縮小させるのが、本当の改革なのであって、国営の巨大独占金融機関をつくるというのは本末を転倒していると言わざるを得ません。いずれにせよ、週明け8日(月)に運命の日がやってきます。私は、参議院の存在意義が問われる絶好の機会だと考えています。


posted by 村越ひろたみ at 23:26| 政治放談

2005年08月04日

悪ガキ2人組

KICX050.jpg

高校時代の親友(シンガポールに単身赴任している)のお嫁さんが、子ども2人を連れて事務所に遊びに来てくれました。無茶苦茶カワイくて、そして悪い(笑)ガキンチョ達でした。頼むからどっちか1人置いていってくれ、と思わず懇願しそうになった次第です。


posted by 村越ひろたみ at 12:49| 閑話休題

悪ガキ2人組

KICX050.jpg
高校時代の親友(シンガポールに単身赴任している)のお嫁さんが、子ども2人を連れて事務所に遊びに来てくれました。無茶苦茶カワイくて、そして悪い(笑)ガキンチョ達でした。頼むからどっちか1人置いていってくれ、と思わず懇願しそうになった次第です。
posted by 村越ひろたみ at 12:49| 閑話休題

自慢のカレンダーです。

shikoku.JPG



posted by 村越ひろたみ at 12:35| バカ話

自慢のカレンダーです。

shikoku.JPG
posted by 村越ひろたみ at 12:35| バカ話

心温まるメール

比較的最近知り合った方から携帯にメールを頂きました。曰く「村越さん、辛いことがあっても、死んだりなんかしないで下さいね…。」思いやりあふれる優しいメッセージに思わずジーンと来てしまいました。亡くなった先輩議員のご冥福を心からお祈り申し上げます。


posted by 村越ひろたみ at 00:02| 閑話休題

心温まるメール

比較的最近知り合った方から携帯にメールを頂きました。曰く「村越さん、辛いことがあっても、死んだりなんかしないで下さいね…。」思いやりあふれる優しいメッセージに思わずジーンと来てしまいました。亡くなった先輩議員のご冥福を心からお祈り申し上げます。
posted by 村越ひろたみ at 00:02| 閑話休題

2005年08月03日

政策づくりの仕事

現在、党の政策調査会の仕事をいくつかしています。本日は、私が事務局長(枝野幸男座長・仙谷由人顧問)をしている「行政に対する国民の権利を保障するPT」の会議を開きました。我が党では、複数の部門にまたがるトピックを議論する場をPT(プロジェクトチーム)と呼び、単一部門内で収まるトッピックを議論する場をWT(ワーキングチーム)と呼びます。WTやPTに専門家や市民のみなさまを招いてお話をうかがい、それを受けて質疑応答・議論をしていくことを何度か行っていく中で、問題の所在を明らかにし、政策としてまとめ上げるのです。そして、今度はその成果を部門会議に上げ、さらにネクストキャビネットで承認を得られれば、めでたく党の方針・マニフェストになります。「行政に対する国民の権利を保障するPT」は法務・国土交通・環境・財務・総務などに関連する極めて体の広いPTです。広く国民と行政の関係のあり方から始まって、行政訴訟制度のアクセシビリティの向上、ムダな公共事業に歯止めをかける為の実効的手段の確立等々、議論すべき事が山ほどあります。本日は成蹊大学法科大学院教授の安念先生をお招きして「国民訴訟」の一構想と題して講演をして頂きました。国民による行政の統制・制御方法に関して大いなるご示唆を頂きました。次回マニフェストに向けてPTの取りまとめ作業を急がなくてはなりません。


posted by 村越ひろたみ at 23:55| 政治放談

政策づくりの仕事

現在、党の政策調査会の仕事をいくつかしています。本日は、私が事務局長(枝野幸男座長・仙谷由人顧問)をしている「行政に対する国民の権利を保障するPT」の会議を開きました。我が党では、複数の部門にまたがるトピックを議論する場をPT(プロジェクトチーム)と呼び、単一部門内で収まるトッピックを議論する場をWT(ワーキングチーム)と呼びます。WTやPTに専門家や市民のみなさまを招いてお話をうかがい、それを受けて質疑応答・議論をしていくことを何度か行っていく中で、問題の所在を明らかにし、政策としてまとめ上げるのです。そして、今度はその成果を部門会議に上げ、さらにネクストキャビネットで承認を得られれば、めでたく党の方針・マニフェストになります。「行政に対する国民の権利を保障するPT」は法務・国土交通・環境・財務・総務などに関連する極めて体の広いPTです。広く国民と行政の関係のあり方から始まって、行政訴訟制度のアクセシビリティの向上、ムダな公共事業に歯止めをかける為の実効的手段の確立等々、議論すべき事が山ほどあります。本日は成蹊大学法科大学院教授の安念先生をお招きして「国民訴訟」の一構想と題して講演をして頂きました。国民による行政の統制・制御方法に関して大いなるご示唆を頂きました。次回マニフェストに向けてPTの取りまとめ作業を急がなくてはなりません。
posted by 村越ひろたみ at 23:55| 政治放談

2005年08月02日

自民党の新憲法案!?

自民党の新憲法案の一部が発表になりました。結論から言うと、論外の外(そと)だと思います。仮に憲法を改正するのであれば、憲法のもっている良い部分をさらに良くするものでなければなりません。ところが、「自衛軍の保持」「政教分離の緩和」「公益・公の秩序」の強調等々、アナクロニズム丸出しの見当違いだと言わざるをえません。そもそも、新たな時代の新たな国のカタチを構想しようとしている時に、一体どうして、中曽根氏のような役割を終えたOB政治家が党内議論の全体をリードしているのでしょうか。全くもって理解に苦しみます。わたくしは現在、民主党の憲法調査会で総論部分の取りまとめの作業をしていますが、憲法論争をする際には、i.そもそも憲法の目的は何か(それは、とりもなおさず権力を制限して国民の権利を保障することです)、ii.政治固有の問題を憲法論議に持ち込もうとしていないか(つまり、憲法に何か書き足したところで、直裁に世の中が変わるわけではないということです)、そのことを常に意識をした上で議論を進めていくことを心がけています。


posted by 村越ひろたみ at 21:37| 政治放談

自民党の新憲法案!?

自民党の新憲法案の一部が発表になりました。結論から言うと、論外の外(そと)だと思います。仮に憲法を改正するのであれば、憲法のもっている良い部分をさらに良くするものでなければなりません。ところが、「自衛軍の保持」「政教分離の緩和」「公益・公の秩序」の強調等々、アナクロニズム丸出しの見当違いだと言わざるをえません。そもそも、新たな時代の新たな国のカタチを構想しようとしている時に、一体どうして、中曽根氏のような役割を終えたOB政治家が党内議論の全体をリードしているのでしょうか。全くもって理解に苦しみます。わたくしは現在、民主党の憲法調査会で総論部分の取りまとめの作業をしていますが、憲法論争をする際には、i.そもそも憲法の目的は何か(それは、とりもなおさず権力を制限して国民の権利を保障することです)、ii.政治固有の問題を憲法論議に持ち込もうとしていないか(つまり、憲法に何か書き足したところで、直裁に世の中が変わるわけではないということです)、そのことを常に意識をした上で議論を進めていくことを心がけています。
posted by 村越ひろたみ at 21:37| 政治放談

2005年08月01日

親身のアドバイス

本日午前中は幕張メッセにて行われたインターハイの開会式に参加していました。この日のために練習に練習を重ねて真っ黒に日焼けした参加選手のみなさんの雄姿や、県下の高校生のみなさんの演技によるダンスやチアリーディング、ダブルダッヂなどを眺めていると、若い時分に何かにひたむきになることは本当に素晴らしいことなんだナ、と改めて考えさせられました。そう思って神妙な顔をしていると、携帯がブルブル震え出し「村越さん、NHKで、全国放送で、アンタの顔が流れてますよ!もう少しイイ顔をして下さいよ!大阪から見てますよ!」との敬愛する友人からの大変有り難いアドバイスが(笑)…。


posted by 村越ひろたみ at 18:17| 閑話休題

親身のアドバイス

openm2.JPG
本日午前中は幕張メッセにて行われたインターハイの開会式に参加していました。この日のために練習に練習を重ねて真っ黒に日焼けした参加選手のみなさんの雄姿や、県下の高校生のみなさんの演技によるダンスやチアリーディング、ダブルダッヂなどを眺めていると、若い時分に何かにひたむきになることは本当に素晴らしいことなんだナ、と改めて考えさせられました。そう思って神妙な顔をしていると、携帯がブルブル震え出し「村越さん、NHKで、全国放送で、アンタの顔が流れてますよ!もう少しイイ顔をして下さいよ!大阪から見てますよ!」との敬愛する友人からの大変有り難いアドバイスが(笑)…。
posted by 村越ひろたみ at 18:17| 閑話休題