2005年08月10日

単純化解散?

0810.JPG

今度の解散をどう呼ぶべきか、わたくしは、大いなる危機感を抱きつつ小泉純一郎氏が仕掛けた単「純」化解散と呼びたいと思います。小泉さんのアプローチは、全てのことを単「純」化して論点をずらすことにより、国民の目をくらますことであることは周知の事実です。そして、小泉さんが本当にやりたかった事は、自分にとって都合の悪い面々に、自民党の垢や膿や恥部を全てをおっかぶせて、党から叩き出した上で、自分の言いなりになる子分で周りを固めること(自民党の単「純」化)であり、残された政治人生を自分の好き放題すること(国政の単「純」化)だったのではないかと考えます。そのためだけの郵政民営化なのであって、実は、郵政三事業の改革など本当はどうでもよかったのではないか。郵政民営化法案の中身や自民党の内紛を見ているとそう思えて仕方がありません。小泉さんの独裁的で国民不在の単「純」化政治に、今度の総選挙で引導を渡さなければなりません。


posted by 村越ひろたみ at 08:44| 政治放談