2005年08月13日

小泉「小さな政府」論の誤謬性

最近、小泉さんは「小さな政府か大きな政府を選択する選挙だ。」「郵政民営化で小さな政府をつくる。」と盛んにアナウンスをしています。思うに、これもまたインチキな議論です。なぜならば、郵政公社には一円の税金も投入されておらず、職員の身分を国家公務員から民間人に変えたとしても、歳出削減には全くならないからです。きちっと政府の無駄遣いをやめて、特殊法人への補助金垂れ流しを止めなければ、政府が「小さ」くなるはずはありません。小泉単純民営化では、政府は「小さ」くはならないのです。そもそも「政府が小さいか大きいか」という議論の立て方自体がナンセンスです。右と左のどちらが正しいのか、ということを永遠に議論しているようなものです。肝心なことは、事例に応じて個別具体的に議論をすることです。


posted by 村越ひろたみ at 15:25| 政治放談