2007年02月05日

一体何の関係が!?

愛知県知事選挙と北九州市長選挙の結果が主要各紙の一面朝刊を飾っています。ご案内の通り、愛知においては現職が再選を果たし、北九州では私の先輩議員である北橋さんが初当選されました。

問題は、この2つの選挙結果が柳沢厚生労働大臣の進退問題と関連付けられていることだと思います。愛知県と北九州市の有権者は各候補者のパーソナリティなり政策なりを総合勘案して投票行動を行ったはずですし、そうあるべきです。にも関わらず、政府自民党は、この2つの選挙結果をもって柳沢大臣の進退を判断する、とのアナウンスを繰り返し行ってきました。

もちろん、このことは不適切な閣僚を擁護するための方便なんでしょうが、全くもって解せないキャンペーンです。

愛知・北九州で自民党の推薦候補が勝利しようと民主党の推薦候補が勝利しようと、柳沢大臣の進退問題や「機械発言」の当否は個別に議論するべきなのではないでしょうか。

もちろん、柳沢大臣の不的確性は明白なものと思いますが…。


posted by 村越ひろたみ at 21:08| 政治放談