2007年02月10日

青山元不動 白雲自去来

地元の書道家、那須大卿先生の個展を見に行ってきました。空海と耶律楚材がモチーフの素晴らしい書や篆刻が数多く展示されており、大変感銘を受けました。

大変幸運な事に、先生自ら作品の説明をして下さり、じっくり鑑賞することができました。先生の作品の中に表題の「青山元不動、白雲自去来(青山もと動かず、白雲自ら去来す)」というものがありました。

周囲の状況に右往左往せずに、自らのスタンスを貫き通せ、という意味だと思いますが、以前、恩師に頂いて以来、座右の銘としている「得意平然、失意泰然」という言葉と同趣旨かと思います。

浪人中であっても泰然としてやるべき事をこなしていこう、画廊を後にしつつ、そう思い直した次第です。


posted by 村越ひろたみ at 22:28| 閑話休題