2007年12月23日

年末にあたって

2007年も早いもので残すところあと少しとなってしまいました。みなさまにおかれましてはどんな一年だったでしょうか。

私たちにとっては、みなさまから親身の叱咤激励を頂き続けたことで大変素晴らしい一年になりました。4月の統一地方選挙、7月の参議院選挙と選挙対策に大半を費やさざるをえませんでしたが、双方の選挙で良好な結果を出すことができましたし、野に下っている自分自身が、議席を有していない状況にあって、どんな政治活動ができるのか、思案をし及ばずながら奮闘努力ができた一年でした。

国立国府台病院の疑惑にまみれた払い下げの問題を追及し、食い止めることができましたし、浦安の介護施設における虐待の実態をメディアを通じて問題提起し、介護のあり方をみなさんと一緒に考え直す一助になれたとも自負しています。

そうだとすると、現職であってもそうでなくても、様々な政治活動が可能であることになる訳ですが、もう一つ痛感したことは、不正や腐敗を問いただしたり、追求することはできても、そもそも、そうした事態に至らないような仕組みをつくることは、政権与党の現職でないと難しい、ということです。

国民が相互に能力を十分発揮でき、多様な価値観が尊重され、公平な社会をつくりあげるためには、やはり、政権の交代(自民党から予算編成権を奪い返すこと)を実現しないと何もはじまらない、そう決意を新たにしております。

逆説的ですが、この一年間は過去五年間の政治活動の中で最も充実した年になりました。みなさまのご支援に心から感謝を申し上げるとともに、来る2008年度がみなさまにとって素晴らしい一年になりますよう心からご祈念申し上げまして、年末のごあいさつとさせて頂きます。一年間本当にありがとうございました。


posted by 村越ひろたみ at 10:31| 閑話休題