2008年09月02日

ババ抜きのババ回し

福田首相が政権を放り出しました。放り出した、と言うよりも、出身母体である自民党と公明党に放り出されたのかもしれません。いずれにせよ、会見を見ていると「オレはもうイヤになった。小沢は相手をしてくれないし、ねじれ国会だし、公明党はうるさいし、前任者の尻ぬぐいばっかりさせらるし…。後は勝手にしてくれ…。」と言わんばかりです。小学校の級長ではあるまいし、もう少し節度を持ってもらいたいと思います。

この1年間に2人の首相が「もう止めた」と言ってきた顛末を見ていると、いかに与党のみなさんが、自らの延命のためだけに政権をたらい回しにし、誰が損な役回りを演じるのか、泥船に乗らないようにしよう、ということだけに汲々としてきたのかがよく判ります。そこには、国民の目線で年金や医療などの積年の課題を解決し、ガソリンや生活関連品目などの物価高を是正するために国民生活に思いを致すなどということがある筈がないのは言うまでもありません。

あたかも、トランプのババ抜きが最終局面に差し掛かって、それぞれのプレーヤーの手持ちの札が1枚か2枚だけになった状態で、ひたすらプレーヤーの間でババが行き来しているかのようです。もはや自公政権に政権担当能力など無いのです。

かくなる上は(遅すぎるに失している感もありますが)、速やかに解散・総選挙を行って国民のみなさまの選択を待つしかありません。このまま自公政権を続けるのか、頼りないかもしれない、まだ見ぬ怖さがあるかもしれないが、民主党に任せてみるのか、という選択です。

みなさんに勇気をもって大きな一歩を踏み出して頂くためにも、これまで以上に私自身の考え方はもちろんのこと、民主党の考え方について、なるべく多くのご説明の機会を持っていきたいと考えます。国民のみなさまの手に政治を取り戻し、この国に信頼できる政府を作って、目に見える変化、目に見える変革を創り出すための取り組みが始まるのももうすぐそこに来ているのかもしれません。


posted by 村越ひろたみ at 22:54| 政治放談