2008年11月30日

消された年金の証拠

ようやく厚生労働省が厚生年金の算定基礎になる標準報酬月額の改ざん問題に関して、各地の社会保険事務所が組織的に犯罪行為を行っていた事実を認めました。9月の初旬に厚生労働大臣が「調査を進める」と発言してから丸々3ヶ月が経っています。

年金加入者の知らないところで、社会保険庁の職員と企業経営者が結託をして、本来受け取れるはずの年金を減額していた、という国家的社会的犯罪の実態を数ヶ月に渡って隠蔽してきたと言っても過言ではありません。

9月の終わりに、かつて某社会保険事務所に勤務していた、とある有権者からバブル崩壊直後の時期に当該社会保険事務所が組織的に改ざんを行っていたことを示す証拠を提供して頂き、様々なお話を聞かせて頂きました。この方が、私に対して当時の辞令書はおろか運転免許証まで提示して身分を明らかにされた上で当時のお話を熱心にして下さったことからして全て本物だと判断をしています。

それらは、幾つかの引継書(マニュアル)や、保険料を滞納している事業所に対して従業員の標準報酬月額を引き下げることで暗に滞納分を埋め合わせることを促す内容の書類や、極めつけは、消滅させる標準報酬月額を算出するための「らくらく更正減全喪君」なる社会保険事務所が自前で開発したと覚しきソフトの画面をプリントアウトしたものなどです。

これらの書類を見ると、役人が自分の食い扶持を確保するのに躍起になって、国民生活をまったく考えずに、極めて悪質な詐欺行為を働いていた実態がよく判ります。また、現時点で政府が全く信用出来ない存在であることを良く示していると思います。

義憤に駆られ、また、勇気を振り絞って、これらの書類を提出して下さった氏に敬意を表しつつ、民主党は長妻さんを先頭に、最後まで責任を持って不当に減額された年金支給額を徹底的に洗いだして、本来の額を支給できるように配慮しなければなりません。

社会保険庁は、全員に送られる標準報酬月額の一覧を、それぞれが確認をして改ざんを見つけ出すしかないと説明しています。改ざんの実態が膨大なものであるが故に事務的に処理しきれないのだとしても、「特別便」のように、戻ってくるのが50%程度に留まってしまうようなまずい事態にならないように特段の工夫をしなければなりません。

政府は、この問題が如何に悪性の強い犯罪行為であるか、真剣に反省をして、直ちに責任の所在を明らかにして、民主党の政策を受け入れながら問題解決を図るべきです。それが出来ないのであれば、それこそ即刻責任を取って解散をするべきでしょう。


posted by 村越ひろたみ at 19:45| 政治放談

2008年11月29日

党首討論

メディアは久しぶりに開かれた党首討論の話題で持ちきりです。

二次補正予算案を直ちに提出するか、それが出来ないのであれば解散をせよ、という我が小沢代表の主張と、二次補正は来年の通常国会で来年度予算案の前に審議をするといって譲らない麻生首相の主張がかみ合わずに議論が平行線に終わった、という見方が殆どのようです。

しかしながら、この間8ヶ月近くも党首討論が開かれていなかった訳で、久しぶりに二大政党の党首の意見を国民の前に明らかにする機会がもたれたことでだけでも意味があります。

願わくば、党首討論をきちんとルール通りに定例化した上で、勤め人の方でもテレビで観戦しやすい時間帯にセッティングするなどして、よりオープンなものにしていく工夫をして貰いたいものです。

個人的には、麻生首相がメモを片手に演説をしている光景が一番印象的でした。良くも悪くも失言ギリギリのところで奔放にコメントを出すのが麻生さんの魅力なのではないでしょうか。


posted by 村越ひろたみ at 18:20| 政治放談

2008年11月28日

日本の食卓をまもれ

081129myoden.jpg

我が国の食料事情と農業の現状は極めて深刻な状態にあります。なぜならば、世界全体の食糧需給が極めて不安定であるのにも関わらず、日本は依然として世界最大の食料純輸入国である上に、我が国の農業事情が「悲惨」としか表現しようがない状態だからです。

我が国の食料自給率はカロリーベースで約40%、穀物の自給率は同じくカロリーベースでたったの28%です。さらに問題なのは、農産物輸入の多くを米・中・豪などの特定国に依存していることです。米国のエネルギー政策の転換でトウモロコシ価格が高騰したことは記憶に新しいところですが、畜産物1kgを生産するのに必要な穀物量をトウモロコシに換算すると、鶏卵で3kg、鶏肉で4kg、豚肉で7kg、牛肉で11kgのトウモロコシが必要になるといいます。食料の安全保障という観点で考えれば極めて危機的な状態です。

農業の実体はといえば、農家数・収穫量・農業所得ともに減少の一途を辿り、就業人口の約6割が65歳以上の方々で構成されており、その一方で新規就農青年数は減り続けています。耕地面積は減少し、耕地利用率も逓減しています。そこにきて耕作放棄地が激増しています。農業を農家のみなさんだけでは担いきれなくなっていることは明らかで、正に日本の農業は「液状化」しているのです。

株式会社の農業参入という取組が既に始まっていますが、現行農地法のもとでは、農業生産法人をつくるか、特定貸付事業制度を利用する他はなく、設立要件に様々な制限があったり、農地を取得することが出来なかったり、様々な手続きが煩雑で条件の悪い耕作放棄地しか入手できなかったりで、現状では、一般の企業が農業経営を十分に行える環境はありません。

来年の通常国会で農地法の改正を行い、農地の借用を自由化するとのことですが、企業の農業参入を促進して効率化を図り、食料自給率を高めるという目的を達成するには、もう一歩も二歩踏み込んだ改正が必要だと強く思います。この悲惨な状況を見るにつけ、農林水産省や農水族議員が、一体どこを向いて政策を作ってきたのか本当に理解に苦しみます。

食料自給率を上げるには、国策として農業の産業化を図らなければなりません。農業へのテコ入れを産業構造の転換の一環として捉えるべきです。そのためにまず、アグリビジネスの発展可能性と重要性を認識して、株式会社の農地取得を認めるべきです。農地や農家を守るのも大切ですが、本当に守るべきは日本の食卓です。

写真は、今朝の妙典駅の様子です。傘で手が塞がっているなか、ビラを受け取って下さった方々にはただただ感謝です。


posted by 村越ひろたみ at 18:26| 政治放談

2008年11月27日

ルールを明確に

081127ichikawa.jpg

空港に対する外資からの出資規制をするべきかどうか、という議論がなされています。

さしあたって政府は、成田国際空港会社の3/1以上の株式を当面の間保有し、将来、段階的に株を売却していくに際しても、民間株主に2割以上の議決権を持たせない方針を固めたとのことです。

Jパワーという会社に対して英国の投資ファンドが株を買い増しした際に公益性の高い企業に対して外資規制をするべきかどうかという一大議論があったのは記憶に新しいところです。

原理原則に立ち返れば、公益性があろうとなかろうと、外資に支配株主になってもらいたくないのであれば、その企業は株式を公開するべきでない、ということになるはずです。株式を公開した以上、その企業は市場の荒波にさらされることになります。

成田空港もJパワーも、経営方針に関する外資からの容喙を受けたくないのであれば、非公開にするか、極論すれば、国有化するべきではないでしょうか(勿論その必要性は微塵も感じませんが…)。

原理原則論を不明確にしているからこそ、日本の市場は不透明で不公平だ、との批判を受けるのです。原理原則と信賞必罰を徹底化することで初めて市場は信頼を獲得し投資に値するものになるのだと思います。

写真は今朝の市川駅です。


posted by 村越ひろたみ at 22:54| 政治放談

2008年11月26日

名誉ある撤退を

081126shinura.jpg

原油価格の低下に伴いガソリン価格が大幅に下がって値頃感が出てきたことによって、一時物議を醸していた暫定税率問題が忘れ去られようとしています。

そうしたタイミングを狙ってのことか、政府は今後少なくとも3年間は暫定税率を維持することを決めたようです。

しかしながら、道路交通量の将来予測を政府が下方修正して発表をしたり、道路整備の必要性自体が社会的に相対化されつつある中での今回の決定は国交省と族議員のドサクサに紛れた暴挙としか言いようがないと思います。

暫定税率を廃止することで、かなりの景気刺激効果が得られることは社会的に合意がなされていると思います。この困難な時期にこそ、政府・与党は野党の意見を汲み取って暫定税率廃止の大英断をする位の気概を持って頂きたいと思います。

そうすれば彼らの頭痛のタネの支持率も大幅に回復するのではないでしょうか!?

写真は今朝の新浦安駅です。


posted by 村越ひろたみ at 20:01| 政治放談

2008年11月25日

再検討すべし

081125yawata.jpg

麻生首相が第2次補正予算案の今国会への提出を先送りにするとのことです。

総選挙を避けるためにそうするのだと思いますが、もし、来年の通常国会まで時間があるのだとすれば、中身をもう一度考え直すべきだと考えます。

評判の悪い定額給付金はやめて、教育や中小企業対策、消費税の一時的な凍結などを検討して、内需を喚起しつつ、長期的な経済の底上げに資するような中身に再検討すべきです。

民主党は対案を提出する予定になっていますが、本格的な政策論争を大いに期待しつつ、国民的議論を行うべきではないでしょうか。

写真は、今夜の本八幡駅北口です。連合千葉のみなさん、社民党千葉県連代表の村上克子さんと合同の街宣をしました。


posted by 村越ひろたみ at 19:17| 活動報告

2008年11月24日

実れば実るほど…

本日、地元の職人さんであり社長さんでもある某氏とお会いしました。

市川・浦安にお住まいの方であれば知らない方はまずいないのではないか、というくらい秀逸な商品を供しているその方の店舗にお邪魔をしたのですが、ずっと応援をして頂いていた、とのことで今更ながらのご挨拶になってしまい大変恐縮してしまいました。

裸一貫で郷里から出てきてこられてから数十年、懸命に仕事をして名声を得て、外国に技術供与をしたり、チャリティー活動をしたり大学の教壇に立ったり多方面にご活躍をされていることは知っていましたが、この方に通底している利他精神とバイタリティと頭の低さに大変感服した次第です。

「サボっている」と方々から揶揄されている小生にとって(笑)、「我以外皆我師」というスタンスを持って地元廻りをすることが大切だと痛感しています。


posted by 村越ひろたみ at 12:39| 活動報告

2008年11月23日

熱くならないこと

081123nekozane.jpg

今日は連休の中日ということで、割と多くの方々が外出をされていたような感じがしました。

選挙区内の様々な場所で辻説法をさせて頂き、〆は新浦安駅の駅前広場にて演説をさせて頂きました。

通常、演説をする際には、選挙の本番中でもない限りは、激しい口調で喋ったり、政権の批判をするのは極力控えるようにしているのですが、数日前のブログにも書かせて頂いた郵政事業に関する麻生首相の発言に関して触れさせて頂いた際には少々熱が入りすぎてしまいました。

写真は、猫実3丁目の交差点です。


posted by 村越ひろたみ at 20:53| 活動報告

2008年11月22日

審議会の限界

081122gyotoku.jpg

評判の大変悪い障害者自立支援法が来春で施行から3年が経ち、見直しの時期にきています。

政府は論点を整理するために審議会を開いて検討をしているようですが、争点になっている「応益負担」に関しては足踏みをして結論が出なかったようです。

審議会政治の限界を露呈していると思います。私は、政権交代が実現したら、政府の審議会を全廃するべきだと考えていますが、それは別の機会に論じるとして、障がい者が日常生活を送るのにどうして福祉サービスの「利用料」を支払わなければならないのか、全くもって理解に苦しみます。

障がいがあろうとなかろうと平等に暮らすことのできる社会を志向するのであれば、応益負担という発想はやめて応能負担に回帰するべきだと思います。

それにしても、「審議会」なるものの弊害は目に余るものがあります。

写真は、今夜の行徳駅前です。
posted by 村越ひろたみ at 21:17| 政治放談

2008年11月21日

出口改革

081121maihama.jpg

国政選挙に立候補をする際の供託金の金額を引き下げようという提案が自民党から出されたようです。

選挙の供託金制度とは、当選すること以外を目的として選挙に出ようとする人(例えば売名行為や冷やかしなど)を無くすることが制度の目的です。

現状では、衆議院、参議院ともに選挙区で立候補をする場合は、300万、比例区に立候補する場合は600万を供託することになっています。そして、衆議院の小選挙区の場合は、有効投票総数の10分の1、参議院の選挙区の場合は、有効投票総数を定数で割った値の8分の1の票を獲得しなければ、供託金没収、ということになります。

今回の出てきた議論は、現状を、衆・参選挙区の供託金を200万に、比例区の供託金を400万に減額し、没収基準を小選挙区で20分の1に、参議院の選挙区を16分の1に劇的に緩和しようということのようです。

この提案は、政治に対する形式的な参入障壁を無くしていく、という大義名分があるのであれば、様々な立場の方が選挙に出やすい方が良いに決まっていることからして歓迎すべきでしょう(若干、ポピュリスティックな臭いもしますが…)。

しかし、いつも思うことは、政治への参入をしやすくしよう、という話は誰もが口にするのですが、政治からの退出の議論、つまりは役割を終えた政治家が民間に戻る(戻りやすくする)ための仕組みづくりに関しては誰も発言をしないようです。

社会に活力を取り戻すために、多様な人材が政治に参加することが求められているのは当然の事ですが、本来そのためには政治の現場にもっと流動性を持たせること(役割を終えた方は民間に戻って、政治経験を民間に活かす)が大事だと考えます。

本来、議員年金改革の議論も、こうした政治の出口の議論に絡めてするべきだったと思います(勿論、私は年金一元化論者ですから、議員年金はやめて他の制度と統合するべきと考えます)。

写真は、今朝の舞浜駅です。最近、何よりも嬉しいことは、高校生がビラを取ってくれることだったりします。


posted by 村越ひろたみ at 17:14| 政治放談

2008年11月20日

反郵政民営化論

081121ichikawa.jpg

国が現在保有している日本郵政株式会社・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の株式売却に関して麻生首相は、「株価が低迷(ていまい)している」ことを理由に売却を凍結するべきだ、とのコメントをしたそうです。低迷して困るのであれば民営化などしなければよかったのです。

また、「民間になった(郵政関連の)会社がもうかるような制度に、もう一回考え直す必要がある」と併せてコメントしたそうですが、民営化をしてもうからなくなって困ってるのであれば、ますます民営化などする必要はなかったのではないでしょうか。もうかろうともうかるまいと郵政のネットワークを国民のために活かさなければならないの訳ですから、何を考えているのか、全くもって理解に苦しみます。

政権の錦の御旗に唾するようなコメントを思いつきで言い放った訳ですから、漢字が読めないことよりも遙かに大きな問題だと思います。

少なくとも小泉内閣以降の自公政権は、「小さな政府論」を主張した際に、郵政事業は国が行うべきではない事業、言い換えれば、民間が行った方が「効率的」で国民の為になる事業であると認定したからこそ民営化を推進したのではないでしょうか。

そうだとすれば、この国は、タテマエは資本主義国家の筈ですし、株価が低迷しているから株を売れない、などというのは「民営化」する以上は株価が低迷することも織り込み済みでなければいけないことからして、政府が株を握っていることの理由にはなりません。

そもそも、「もうからな」いことで郵政事業に支障が出て、しかも、その支障が国民に悪影響を及ぼすのであれば、郵政事業は最初から民営化するべきではなかった、というのが当然の帰結ではないでしょうか。「もうからな」いけれども、国民のために必要なサービスなのだとすれば、国防や消防や医療など同様に郵政事業は税金で運用するべき「公共財」ということになります。

自民党の一部に、野党提出の株式売却凍結法案に同調する動きがあるそうですが、そうだとすれば、首相は即刻衆議院を解散するべきです。05年の総選挙は、言ってみれば郵政民営化だけが争点になった選挙であり、与党が郵政民営化に関してもたついているようでは、形式的に言えば、国民への背信行為になるからです。

いずれにせよ、麻生首相は、国家の役割をどのように考えているのか、是非一度聞いてみたいと思います。

写真は、今朝の市川駅です。今朝は冷えましたねえ…。


posted by 村越ひろたみ at 23:17| 政治放談

2008年11月19日

円高恐れるべからず

今現在の為替相場のように円高が進行していくと、「日本の輸出産業は為替差損を被る」という事は良く知られていることです。先般トヨタ自動車が極めて悲観的な見通しを発表したのはこのことを体現しています。

逆に「輸入産業は為替差益を得る」ことになるけれども、我が国は巨額の貿易黒字を持ち工業製品に代表される輸出産業の方が日本経済に及ぼす影響力が遙かに大きいことから、結果として経済全体としては、差益より差損からくる悪影響の方が大きくなる。そしてそのことは、労働分配率の低下や物価の上昇や個人消費の冷え込みを招き、結論として景気は後退基調に向かう、という事も同時に経済学の授業で習った記憶があります。

しかしながら、円高はデメリットばかりをもたらす訳ではありません。本来、自国通貨が強い(≒高い)ことは、輸入品が安くなり、個人だろうと法人だろうと海外で買い物がしやすくなりますし、自国の政治力が強化されるはずだからです。そうだとすれば、現在の円高の状況を梃子に経済政策や外交政策をすすめていくべきではないでしょうか。

問題は、円が急騰している上に、株価が急落していることが加わっていることです。株価の急落だけを切り離して問題解決が出来るかどうかは、エコノミストに質してみるべきことかもしれませんが、原因になっている「外国人」と「外需」に依存している経済体質から脱却して景気の後退を食い止めなければなりません。

そうだとすれば、政策当局は現状を多少なりとも肯定的に捉えて中小企業対策や個人消費を刺激するような政策を大胆に打ち出して内需を喚起するべきです。

「原油価格が反落していることや円高による輸入物価の低下はプラス要因とはいえ、マイナス要因を打ち消すことはまだまだ難しい」との向きがほとんどのようですが、一般論として、我が国は現在の円高を歓迎するべきではないか、というポジティブな議論には大変見るべきものがあると思います。


posted by 村越ひろたみ at 15:13| プレス民主号外

原点に還れ

081119shinura.jpg

毎日新聞の報道に拠れば、駒沢大学がデリバティブ取引で150億円以上の損失を出して、キャンパスの敷地やグランドを担保に銀行から融資を受けなければならない羽目になった、とのことです。

大学はNPOの典型事例です(全米最古のNPOはハーバード大学と言われています)。NPOたる大学がお金儲けをしてはいけない理由はありませんが、それは、教育という大学本来の目的から逸れない限りで行われるべきです。

投機性の高い金融商品に手を出して運用損を出すなどというのは、学生やその保護者のみなさん、卒業生のみなさんに到底説明がつかない事態です。

大学は、在校生の教育環境の質的担保を行う、あるいは駅伝で優勝するように頑張る、あるいは将来進学してくるであろう学生を魅了するようなカリキュラムを組むことなどを通じて大学の存在感をひたすら高めることに徹底するべきです。

写真は今夜の新浦安駅です。


posted by 村越ひろたみ at 15:12| 政治放談

2008年11月18日

A.T.アリヤラトネ博士

081118arisan.jpg

アジア最大のNGOであるサルボダヤ運動(スリランカの農村開発運動)の主宰者であり、ノーベル平和賞の呼び声が高いアリヤラトネ博士と懇談する機会に恵まれました。

50年もの永きに亘って権力と闘いながら民衆を統率してきた博士の言葉は、深い洞察と豊かな経験に裏打ちされた啓蒙に満ちあふれていました。

とりわけ、仏教的価値観を織り交ぜながらの政治に対するスタンス、国際社会の枠組みにおける日本の役割などの様々なご助言は示唆に富んでおり大変感銘を受けました。

博士から本当に大きな激励をいただき決意を新たにした次第です。


posted by 村越ひろたみ at 23:55| 活動報告

次官襲撃事件について

081118yawata.jpg

厚生労働省の元事務次官を狙った凄惨な事件が相次いでいるとの報道がありました。

連続テロではないか、との指摘もありますが、大変卑劣な犯行に怒りを覚えます。

警察当局に頑張っていただいて、一秒でも早い犯人逮捕と不可解な事件の全貌解明を強く望みます。

亡くなった山口ご夫妻に心からお悔やみを申し上げますとともに重傷の吉原夫人のご回復をお祈り申し上げます。

写真は、今朝の本八幡駅です。今朝は比較的温かったです。


posted by 村越ひろたみ at 22:28| 政治放談

2008年11月17日

政局!?

081117nakayama.jpg

麻生首相と小沢代表が党首会談を行い、小沢代表から首相に対して二次補正予算案を今国会中に提出するよう強く迫った、とのことです。

麻生首相は「景気が悪いから解散をせずに景気対策を行う。政局より政策だ。」との主張を繰り返し行ってきたわけですから、小沢首相の「解散をしないのであれば、景気対策の裏付けになる補正予算を出すべきだ。」との小沢代表の理屈は通っているように思います。

もっとも、こうしたやり取りが「党首会談」の中ではなくて「党首討論」の中でよりオープンな形で行われればもっと良かったと思います。

国会が大幅に延長されるのであればテロ特措法改正案や金融機能強化法改正案といった渦中の法案も国民的議論のたたき台になるようにさらなる審議を尽くしてもらいたいと思います。

写真は、今朝の下総中山駅です。霧が立ちこめていて寒い朝でした。


posted by 村越ひろたみ at 17:46| 活動報告

2008年11月16日

小さな政府論の敗北

081116shinura.jpg

金融サミットが閉幕し、「G20が全ての金融市場や金融商品を規制ないしは監視をするべきだ。」との趣旨の首脳宣言を採択したとのことです。

このことを日本に当てはめて考えれば、小泉構造改革の「小さな政府」論は今後は維持できないことになります。規制をなるべく無くして市場に全てを委ねる、という考え方が市場の暴走を許し格差社会を産み出したことはもはや否定できません。小泉構造改革は敗れ去ったのです。

現在、政府がやるべきで無い事業を政府が沢山抱えており、そうした事業を民営化していくべきであることには今後も変わりはありません。しかしながら、今後行わなければならないことは、ムダづかいをしない信頼できる政府をつくり、その政府が適切な規制や指導を必要な範囲で行っていくことです。

オバマ次期大統領の下で米国で現在言われている「大きな政府」論というのはそういうことだと思います。

3年前の総選挙の際、「郵政民営化で小さな政府を作る。」「官から民へ。」というキャッチフレーズに国民は熱狂しました。しかしながら、郵政民営化やその後自公政権の政治で幸せになった国民は一人もいないのではないでしょうか。

次の総選挙では、将来の政策もそうですが、過去の政策(自公政権の政策)の当否が問われてしかるべき、と考えます。

写真は今夜の新浦安駅です。電飾が大変きれいでした。


posted by 村越ひろたみ at 21:06| 政治放談

2008年11月15日

ポスター貼り

今週冒頭から様々な方々にお手伝いを頂いてポスター貼り大会をやっております。お陰さまで一週間で500枚以上のポスターを新たに貼ることができました。

まずは、ポスターの貼り出しにご協力を頂いたご家庭のみなさまに深く深く感謝を申し上げます。

そして、今週は悪天候の日が何日かありましたが、それにもめげずに沢山の方々にお手伝いを頂きました。こうしたサポートを頂いていることからして自分は生かされている、という気がますますしてきます。

「養育兵百年之只為一事」という事で引き続き奮闘努力をして参ります。みなさん本当にありがとうございます。


posted by 村越ひろたみ at 21:23| 活動報告

2008年11月14日

新銀行東京について

081115urayasu.jpg

参議院の財政金融委員会で石原都知事を参考人招致するとのことです。大いにやるべきではないでしょうか。

金融機能強化法改正案の審議に関連してのことだと思いますが、新銀行東京の杜撰な経営実態に関しては、もっと厳しく追及されて然るべきです。

石原父子や関連議員による口利き・不当融資などの実体が指摘されています。そもそも、このご時世に自治体が金融機関を運営する意義が乏しいばかりか、運営が不透明で事実上破綻している金融機関に公的資金を注入することなど許してはいけません。

公的資金というと何とも聞こえがいいようですが、要は我々の税金ですから、きちんとチェックをしなければなりません。

写真は、今朝の浦安駅前です。


posted by 村越ひろたみ at 21:46| 政治放談

2008年11月13日

タイムスリップ

081113ichikawa.jpg

世界経済が明らかに後退局面に入ったことにより、貿易金融が停滞しているとのことです。

つまりは、市場の流動性が枯渇しつつあり、取引の際の決済に明白な支障が出てきているという事です。

にわかに信じがたい話ですが、一部の国々ではお金で決済できないので、米と原油を等価交換する契約を締結する、などといった「物々交換」が始まっているとか…。

バブルが弾ければ振り出しに戻るのは確かに道理ですが、国家間の貿易において物々交換が始まるというのは数千年前にタイムスリップをするような凄まじい話だと思います。

野尻湖の周辺では黒曜石が採れるので山向こうの村で作られた縄文土器と交換しました、というような話の現代版を聞いているようなものです。

写真は今朝の市川駅です。


posted by 村越ひろたみ at 23:31| 政治放談