2008年11月05日

変革は起きるか?

081105shinura2.jpg

「地滑り的勝利」によって、米国に史上初の黒人大統領が誕生しました。この際、彼の出自は問題ではなく(もちろんオバマ氏の出自がオバマ氏の寛容さや自負を産み出したのでしょうが…)、米国において起きるであろう変革の中身こそが問題になるのでしょう。

オバマ氏が演説の中で触れていたように、金融問題や外交問題などアメリカに課題は山積しています。どのようにこれらの問題をさばいていくのか、まさに前途は多難です。また、日米関係が今後どのようになっていくのか、拉致問題に関する後ろ盾をきちんとしてくれるのか、我々にとって未知数の部分もあります。いずれにせよ、オバマ氏から目が離せません。

勝利演説の中で、“There are many who won't agree w/ every decision or policy I make as president. And we know the government can't solve every problem. But I will always be honest w/ you about the challenges we face. I will listen to you, especially when we disagree.”という行があります。

「大統領として私が下した判断や政策に反対する方々が沢山出てくるだろう。政府が全ての問題を解決出来る訳ではないのだ。しかしながら、私は我々が直面している困難に対して常にみなさんに正直でありたい。私は常にみなさんに耳を傾けたい。とりわけ様々な意見が出てくる際には…。」といったところでしょうか。

このメッセージの中には、政治家の役割は語ることよりも、聞くことにあるのだ、という市民派政治家としてのあるべき姿があるように思います。

オバマ新大統領の誕生に祝意を送ると共に大いに期待をしています。

写真は僭越ながら今朝の新浦安駅での小生近影(笑)です。


posted by 村越ひろたみ at 12:25| 活動報告