2008年11月12日

田母神論文問題を憂う

081112shinura.jpg

田母神前航空幕僚長の参議院参考人招致を見るにつけ、この人物には知的誠実さというものが欠落していると思います。

どのような国家観や歴史観を持とうと、それは本来、個人の自由ですが(勿論、氏のような立場にある場合は話が別ですが)、自らの立場に都合の良い議論ばかりを継ぎ接ぎして、歴史的な通説や他国の立場を論理的に反証していないというのは明確なルール違反です。

組織のリーダーたるもの、まともなバランス感覚が求められます。不祥事が続く防衛省を立て直す意味でも、シビリアンコントロールを貫徹させる意味でも、国会における徹底的な議論を望みます。

写真は今朝の新浦安駅での写真です。今朝も寒かったですね。


posted by 村越ひろたみ at 23:35| 政治放談