2008年12月03日

today's ZEN moment

081203shinura.jpg

ブッシュ大統領が在任期間を振り返って、イラク戦争の正当化根拠にした、フセイン政権が大量破壊兵器を隠匿していたという情報が誤りだったことを認め、その上で反省の弁を述べた、と伝えられています。

「過ちを改むるに憚ることなかれ」と言いますから、イラクの国民はおろか世界中を戦争に巻き込んで甚大な迷惑を掛けたことには到底目はつむれないとしてもそれ自体は大変結構なことだと思います。

しかしながら、この発言を受けて米国のイラク戦略の片棒を担いだ我が国はどうでしょうか。小泉前首相は「そのうち大量破壊兵器は見つかる」と強弁を繰り返していました。

ブッシュ大統領と共に去りゆく小泉氏にも過ちを認めて反省をしてもらいたいものです。

私が日々愛聴しているInterFMのGMGという番組には、“and now for today's ZEN moment”なるコーナーがあります。丁度、朝の駅頭活動が終わった頃合いにいつも流れているのですが、本日の一言がお誂え向きなので敢えて引用しておきます。

曰く「過ちを認めない者は、第二の過ちを犯している。」


posted by 村越ひろたみ at 11:37| 政治放談