2009年01月20日

インフルエンザパンデミックのリスク管理を

インフルエンザが猛威を振るいつつあります。少し前に国立感染症研究所の岡田晴恵さんから、インフルエンザに関するお話を伺いましたので、おさらいしたいと思います。

岡田さんに拠ると、欧米ではインフルエンザは医療の問題ではなく、安全保障・危機管理の問題として捉えられているそうです。ひとたび強毒性の新型インフルエンザが流行すれば、数十万人単位で死者が出たり、その結果として医療サービスが破綻したり、GDPに換算して20兆円規模の被害が出るおそれがあるからだそうです。

鳥インフルエンザが世界的に流行しつつある現状は、新型インフルエンザが流行する予兆であり(過去のスペイン風邪や香港風邪といったインフルエンザは全て鳥インフルエンザの変種だそうです)、新型インフルエンザに対する免疫を誰しもが持っていないことからすれば、流行を抑える社会的な準備や規制を早急に行う必要があります。

家庭においては、?食料備蓄、?流行の際の外出禁止、?健康的な生活を日常から心がける、?日常飲んでいる薬を普段から余分にもらっておく、が肝腎だそうですが、食料を備蓄する際に、電解質飲料やフルーツ缶詰(シロップがブドウ糖溶液の代わりになる)、保冷剤(いざというときの熱冷まし)を買い置きしておく事だ大事だ、というお話はなるほど、と思いました。

国民のいのちと健康をまもることが国家や行政の使命の一つだとすれば、我が国の現状が、タミフルの備蓄が2000万人分程度で、インフルエンザに関して、省庁間連絡会議でしか対応していないというのは、パンデミック(感染病の大流行)リスクの管理体制として誠にお粗末としか言いようがありません。

千葉市内でも今年に入ってから学級閉鎖をした事例があるといいます。個人単位でインフルエンザに対する正しい知識を共有して予防に努めることもそうですが、国家が危機に備え啓蒙活動を行うことが求められていると考えます。


posted by 村越ひろたみ at 14:07| 政治放談

2009年01月14日

渡辺喜美は革命を起こすか?

090114shinura.jpg

渡辺喜美代議士が自民党を離党されたことについてどう考えるか、とのご質問をよく頂きます。

党の力に依存せずに行動を起こす勇気とパワーには大いに敬服しますが、手の込んだパフォーマンスであって「大義」があるようには思えない、というのが正直な感想です。

若干横道に逸れますが、先日夜中に映画『CHEチェ28歳の革命』を観に行ってきました。共産主義革命には全く賛同しませんし、ゲバラ本人が言うとおり「平和革命と選挙による変革の道は可能性があるのなら望ましいし追求するべ」きなので感銘を受けるようなメッセージは無かったように思います(ベニチオ・デル・トロの熱演は見事でしたが…)。

もとに戻って、渡辺氏の件ですが、「政治家としての義命」を語るのであれば、もっと早い時点で自由民主党を離党するか、そもそも自由民主党に入党しているべきではなかったのではないでしょうか。もちろん天下りの根絶は必要ですし、直ちに解散総選挙をするべきなので彼の意見には賛同しますが、ゲバラが正に「義命によって」革命に命を捧げたのとは到底訳が違う、比較の対象が正しいかどうかはさておき、そう考えてしまう次第です。

次回の総選挙は、やはり、自公政権をこのまま続けるのか、それとも民主党政権をつくるのか、という点が最大の争点なのであって「第三極」の出る幕ではないと考えます。


posted by 村越ひろたみ at 00:17| 活動報告

2009年01月13日

無題

090113keiseiyawata.JPG

定額給付金を含んだ2次補正予算案が衆議院を通過しました。誠に嘆かわしい限りです。

日々地元を歩いている中で、私はいまだかつて定額給付金に賛成している、という方にお目に掛かったことはありません。世論を無視した悪政をみるにつけ、政権交代をして税金の使い途を大転換する必要を痛感します。

良く言われているように定額給付金が元々は公明党の政策なのだとすれば、もはや自民党は公明党に骨の髄まで侵されてしまった、ということなのでしょう。

給付金を受け取ることを他ならぬ首相が明言できないような政策がまかり通っていること自体に首をかしげてしまいます。
給付金の財源は雇用対策に用いるべきです。


posted by 村越ひろたみ at 00:06| 活動報告

2009年01月12日

成人式街宣

090112yawataminami.jpg

本日成人式を迎えた新成人の若者に向けて自分が成人式に参加をさせて頂いたころを思い起こしつつ本八幡駅の南口で演説をしました。

「今時の若い者」は我々の当時よりも余程現実的でしっかりしているように思えます。ご承知のように、市川において本年は知事選挙・総選挙・市川市長選挙と少なくとも3回の選挙が実施される予定ですから、新成人のみなさんには必ず政治参加してもらいたいものです。

民主党青年局が当日成人式を迎えた有名人のリスト中から模擬投票が出来るコンテンツを成人式向けに用意してくれました。我が国では政治教育がなぜかタブーになっているので政治関係者が啓蒙活動をしっかり行わなければいけないと常々考えています。


posted by 村越ひろたみ at 07:37| 活動報告

2009年01月11日

ポスティング大会

090111.jpg

2009年最初の連休ということで、恒例のポスター貼り・ポスティング大会を決行しました。

寒空の中、沢山のメンバーが集い充実した活動ができました。総支部の幹事のみなさんやボランティアのみなさまが先を競って行動してくださったお陰で大変な成果が上がりました。本当にありがとうございます。

終了後はいつもどおり東野の中華倉一廊で打ち上げです。


posted by 村越ひろたみ at 00:06| 活動報告

2009年01月10日

シェアするべきか?

ワークシェアリングの導入に関して経団連会長と連合会長の双方がその導入に賛成しつつも、経団連は「賃下げ」を、連合は「雇用創出」を念頭に置いているために議論が平行線をたどったとのことです。

思うに、不況をやり過ごすためワークシェアリングを導入するのはやむを得ないことかもしれませんが、ワークシェアリングはあくまで限定的に用いられるべきではないでしょうか。個人は、生涯を掛けて追求するようなやりがいのある仕事を持つべきで、国家や企業はそうした仕事を創出し、一定以上の賃金を支払うよう努力するべきだからです。本来、仕事はシェアをするものではありません。

卑近な例ですが、実は、弊事務所においてもある種のワークシェアリング的なことをやっております。お恥ずかしながら、仕事が多すぎる割に「実入り」が大変少ないために、事務所スタッフが「自発的パートタイム化」せざるを得ない実情があるからです。要するに、経団連が主張しているような「賃下げ」のためのワークシェアリングを採用せざるをえないということです。

事務所スタッフを雇い入れて、彼らの助けを借りて政治活動を行っている私としては、同時に経営者の端くれでなければならない訳ですが、経営者たる者、事務所がスタッフにとって自己実現の場であると同時に生計の手段であるよう常に配慮しなければなりません。事務所が彼らにとって自己実現の場であるかどうかはさておき、事務所が生計の手段となっていない場合、本来、経営者はスタッフを速やかに「正規」に雇用することで報いるべきです。このことは、従業員が2,3人の零細企業だろうと数万人の大企業だろうと基本的に同じ筈です。

そうだとすると、企業が空前の内部留保を抱えつつも、利益を労働者に分配しなければ正規雇用もしないという状況はどう考えても異常で経営の失敗と言わざるをえません。不況であろうとなかろうと、経営者は当該事業が社会に還元をしているかどうかを点検し、従業員の生活の安定を確保をする必要があるでしょうし、被用者は自らを見つめ直し自らの価値に目覚める必要があると思います。

それにしても、年越し派遣村の問題ばかりがクローズアップされていますが、誰がやってもアウトプットが一定の時給の安い仕事が氾濫している状況を変革する努力を、経営者も労働者も政治家も政府も怠ってきたことが現状の根底にある、と考えるのは行きすぎでしょうか。産業構造の転換をして、雇用を創出して、失業を無くすことを目指さねばなりません。

追伸:意欲を失わずに私の活動を日々支えてくださっている事務所の面々には経営者として猛省しつつただただ感謝をするばかりです。


posted by 村越ひろたみ at 23:59| 政治放談

2009年01月08日

総支部長会議

久しぶりに県連の総支部長会議に参加をして参りました。みなさまにご迷惑をお掛けしておりました公認問題のあおりで、一時的に総支部長の職を解かれておりまして、公認が決まって総支部長に戻ったことで、この間、総支部幹事長の矢崎県議に代理出席して頂いたところを私が出席するようになった次第です。

議題の大半は、3月執行予定の千葉県知事選挙における白石真澄候補の推薦問題に割かれました。結果として、推薦を白紙に戻す方向で検討することになりましたが、何らかの形で候補者を擁立して選挙に積極的に関与しなければ公党として無責任だと考えます。

週明けに再び会議を開くそうですが、タイムリミットが押し迫る中で責任ある議論をしていかなければなりません。


posted by 村越ひろたみ at 00:26| 活動報告

2009年01月04日

街頭演説会1

090104shinura2.jpg

浦安支部主催の今年最初の街頭演説会を新浦安駅前広場をお借りして開催しました。

お正月休みの最終日ということで沢山の人通りがある中で勝負への決意を蕩々と?演説致しました。

今年も昨年と同様、毎週水曜日に新浦安駅のデッキに朝・夕とお邪魔をさせて頂く予定でおります。

いつも支えてくださっているボランティアのみなさんと矢崎さん・吉村さんにはただただ感謝です…。


posted by 村越ひろたみ at 11:57| 活動報告

2009年01月03日

無題

正月草々、悲痛に暮れています。
先輩の永田寿康さんが亡くなりました。
痛恨の極みです。

永田さんとは、彼が議員辞職をしてからも度々携帯電話で連絡を取り合っておりました。典型的なエリートで理屈っぽい奴、という印象があるかもしれませんが、情にもろくて後輩の面倒見の良い本当に優しい方でした。

昨年の11月に彼の名前をテレビのニュースで目にした際に、すかさず彼の携帯電話を鳴らしてみましたが、留守番電話にメッセージを残したっきり、一方通行で終わってしまいました。

年末に下総中山駅で演説をしていた際に、私の話を聞いて下さっていた永田さんの支援者からお預かりしていた名刺と激励のメッセージを届けることが叶わなかったことがただただ無念です。

可愛がってもらった後輩として為す術がなかった我が身の至らなさを恥じつつ、国会で活躍をされていた先輩の勇姿を偲びながら合掌したいと思います。


posted by 村越ひろたみ at 11:49| 無題

2009年01月01日

年頭雑感

謹んで新年の御慶を申し上げます。

昨年は私共の活動に対しましてご親身なご支援を賜り、本当にありがとうございました。本年は政権交代を懸けた激動の一年になると思います。昨年と同様みなさまからの叱咤激励を賜りたく心からお願い申し上げます。

さて、昨年の10大ニュースなるものを見てみますと、
@毒入りギョーザ事件・食の安心安全の問題
A福田内閣退陣・麻生内閣誕生
B日本人4人がノーベル賞受賞
C北京五輪で日本「金」9個・北島康介世界新記録で金メダル
D秋葉原無差別殺人事件
E後期高齢者医療制度に批判が集まる
F元厚生次官襲撃事件
G株がバブル後最安値に
H宮城・岩手大地震
I洞爺湖サミット開催・温室効果ガス削減目標設定

明るい話題が少ないことが目につきます。解散をすると政治空白をつくるから、という一見もっともらしい理由で麻生首相は解散を先送りにしましたが、国民からの不支持率が8割を超えた宰相が政権に居座り続けていること自体が政治空白なのではないでしょうか。

景気の後退局面を何とか食い止めて、国民生活の様々な不安を払拭するために政治の役割はこれまで以上に重大です。みなさまお一人お一人の知恵と情熱を集めて大きなうねりを起こして変革を実現する、そんな覚悟を決めております。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

村越祐民


posted by 村越ひろたみ at 00:00| 無題