2009年08月02日

全体責任は無責任

090802.jpg

民主党は官僚内閣制を打ち破って、国民の知る権利を担保するために、霞ヶ関における政策決定過程を記録・公開する方針を決定しました。

Everybody's business is nobody's business.「全体責任は無責任」という格言があります。まさに霞ヶ関の現状そのものではないでしょうか。

霞ヶ関の最大の問題は責任の所在が不明確、ということに尽きると思います。彼らは確かに優秀な方ばかりで日本最大最強のシンクタンクであることは間違いのない事実ですが、彼ら選挙で選ばれている訳ではありませんし、余程の汚職をしない限りクビになることもなく、誰も責任を取らない体制が出来上がっています。

政権交代後に政治任用制度を導入すれば、霞ヶ関に政権政党の政治家が大量に入っていくことになります。全ての政策決定に関与し、その仕事に当該政治家が責任を負う仕組みを作り上げれば、霞ヶ関の仕事のあり方がガラス張りになると確信しています。

長妻さんの言い回しを借りれば、官僚機構という「暴れ馬」に跨って、その手綱を握って乗りこなす、ということですが、これこそが政権交代の最大の眼目であると思います。さらに、消えた年金問題や薬害問題の際のように行政の責任逃れを防止しつつ、そうした情報を極力開示することは、税金の使い途を始めとした国民の行政に対するチェックの目線を先鋭化させることに繋がり極めて有用に思います。

写真は、本日お邪魔をさせて頂いた出前マニフェスト説明会の様子です。
おかげさまで大変有意義な時間になりました。お招きくださったKさんに深謝いたします。


posted by 村越ひろたみ at 17:45| 活動報告