2009年09月28日

群集心理

20090929_03.jpg

母校の仙波学部長に当選のご挨拶がてら表敬訪問をしてきました。大学の1年次と2年次に経済学の講義を受けて以来ご無沙汰をしていたので、短い時間でしたが昔話に花が咲きました。

私のことは勿論のこと、並んで受講していた親友のことまで覚えてくださっていたことに大変感激しました。

その後、教務課にて、来春より出身学部の後輩をカリキュラムの一環として受け入れるための打ち合わせをさせて頂きました。こちらとしても願ったり叶ったりの大変有難いお話です。

帰りにチャペルの前を通りがかると一様に同じような格好した集団がごそっと集まっていました。リクルートスーツを着た学生が就職の説明会か何かのために並んでいるのかと思いきや、幼稚園の入学説明会に参加するための父母の列でした。

国会に戻るために地下鉄の駅まで歩きましたが、すれ違う人の多くが紺ずくめの似たような格好をして歩いています。目立ち過ぎないように、という心理の現れなのでしょうが、異様な光景です。「お受験」にかける凄まじいまでの執念を垣間見た思いです。


posted by 村越ひろたみ at 18:41| バカ話

2009年09月27日

同窓会

090927toumon.jpg

浦安の稲門会に参加させていただき、久しぶりに諸先輩方にお目に掛かり様々なお話を伺いました。
民主党の現状と今後の課題や私自身の活動について沢山のご意見やご要望を頂いて参りました。

当たり前の事ですが、先輩はいつまで経っても先輩ですので(笑)、引き続いてのご指導をお願いをしてきた次第です。


posted by 村越ひろたみ at 20:49| 活動報告

八ッ場ダムについて

民主党政権がスタートして、国民のみなさまの注目が俄然集まっているのが八ッ場ダム問題です。この問題に関しては、関東最後で最悪の大型公共事業プロジェクトであるという認識の下、03年に政治の世界に入って以来、党のマニフェストに盛り込まれるように一貫して取り組んできました。千葉県が760億円という巨額の税負担をしている以上、他人事ではないということをこの機会に改めて考える必要があります。


そもそも、八ッ場ダムを完成させなければならない今日的意義はもはや存在しません。建設が計画された当初は「治水」のため、その後は「利水」のために、という具合に建設の目的が変遷してきたことが、ムダな公共事業だということを自ら証明しています。


すでに3200億円という巨額の税金が注ぎ込まれているから、最後まで完成させなければ過去の税金が無駄になってしまう、という議論は誤りです。これまでに不必要な巨額の税金を注ぎ込んできたこと自体が間違いですし、今後、完成させるまでに1000億円という巨額の追加資金を投下しなければいけないことを、「既に走りだしているから」という理由で正当化できるはずがありません。


一番の問題は、前原大臣も苦慮をしておられる地域住民のみなさまの心の問題でしょう。住民のみなさまが、長年にわたる反対運動に明け暮れ、焦燥と疲弊のなかで立ち退きを余儀なくされた事実からすれば、彼らが国に翻弄され続けたことは事実です。しかしながら、国民の税金をセーブし、故郷の山川草木を守ることに何を躊躇する必要があるというのでしょうか。


ダム建設が予定されている吾妻川の支流に温川という川があります。私は幾度となくそこに釣りに出かけ、その都度、ダムに沈む予定になっていた川原湯温泉に浸かってきました。わざわざ長野県から通っているというシニアの方と鄙びた露天風呂に浸かりつつお話をしたことがあります。政権交代が実現すれば、この温泉もダムの底に沈まずに済むそうですねえ、と当ててみると、そんなことが実現できる筈ないでしょう、と仰っていたのをにわか思い出します。この問題を解決して政権が変わったことの効果が実際に発揮されていることを証明しなければなりません。


posted by 村越ひろたみ at 18:32| 政治放談

2009年09月25日

無題

090925indian.jpg

選挙中にインド料理店の前で演説をしていたら、店主の方が出てこられて激励してくださいました。


本日、店の前を通りがかった際に、選挙が終わったら食べにきます、と約束したのを思い出したので素通りする訳にもいかず(笑)昼飯をご馳走になってきました。


豆のカレーとチキンカレーを頂きましたが、チキンカレーには蜂蜜が入っているそうでして甘党の私には堪えられない味でした。ナンもモチモチして非常に美味です。


インド料理ピリヤ・ビカシ
市川市平田2-6-1
047-326-7082


ところで、外国人の方にとって、我が街が生活がしやすく働きやすいかどうか、検証する必要があるだろうと改めて考えた次第です。


posted by 村越ひろたみ at 17:25| 活動報告

2009年09月24日

川をきれいにするために

090924nic1.jpg

唐突ですが、川をきれいにするプロジェクトを立ち上げようと考えています(詳細に関しては追ってお知らせします)。

思い立ったが吉日、ということで当選のごあいさつとご相談がてらにC.W.ニコルさんに会いに行ってきました。

ニコルさんから、テムズ川がいかに再生したかというお話と「健全な森」をつくるためにどうするべきか、というお話を色々と伺いました。

曰く、地球温暖化を阻止するためにどうするか、ということが散々議論されている割には、一番肝心な石油を浪費することをやめる取り組みが全くなされておらず、政治のリーダーシップが不十分とのことでした。

林野行政を見直し林業の大転換を果たすことで様々なメリットが生ずることは明らかだと思います。環境をまもることはもとより、高品質な建材の流通が担保できるでしょうし、花粉症対策などの健康対策も可能になり、森林セラピーを活用すれば刑事政策にも応用できると思われます。

アイデアを深めるために、近々ニコルさんのアファンの森を再訪しようと思います。


posted by 村越ひろたみ at 11:30| 活動報告

2009年09月23日

10月3日(土)オープンミーティング開催

下記の通り、民主党千葉県第5区主催のオープンミーティングを行うこととなりましたのでご案内申し上げます。

日時:10月3日(土)
14時〜  浦安市民プラザWave101
     浦安市入船1-4-1 ショッパーズプラザ新浦安4F
16時半〜 市川I-Linkルーム
     市川市市川南1-1-1 市川駅行政サービスセンター内

今回のテーマ『民主党政権の課題と展望』


当日は、著名な政治記者の方をお招きし、対談形式にて色々な問題についてお話しさせていただく予定です。
質疑応答の時間もございますので、どうぞみなさまお誘い合わせの上是非ご参加ください。


※お問合せ先:民主党千葉県第5区総支部 047-320-0770


posted by 村越ひろたみ at 13:21| お知らせ

2009年09月22日

浦安にて慰労会

090922.jpg

浦安の支援者のみなさまに全て手作りの慰労会を開いて頂きました。写真は吉村啓治さん奥方謹製の太巻き、矢崎堅太郎県議会議員ご母堂謹製のおはぎにおでん、漬け物とサラダです。

思えば、前回の県議会議員選挙の際、矢崎さんのご母堂の炊き出しが毎度毎度あまりに美味しかったため(それもそのはず、料理の先生なのです)、万が一矢崎さんが落選した際には、矢崎さんと私でご母堂の料理を屋台を引きつつ売って歩こうと冗談を言ったものです。

今回の総選挙でもご母堂が沢山の自慢料理を事務所に持ち込んでくださいました。我が妻の手料理でも残念ながら矢崎家の料理には敵いません。

みなさまからこうして「手弁当」のご支援を頂き続けてきたことを考えると改めて頭が下がります。本当に感謝感激です。


posted by 村越ひろたみ at 23:41| 活動報告

2009年09月21日

市川市長選挙に向けて

11月22日告示、11月29日投票日の日程で行われる市川市長選挙の候補者選定を急ピッチで進めています。

ご案内の通り、市川市は小選挙区では5区と6区に分割されているため、5区と6区共同で候補者を募り、一人の候補者に絞ることになっています。

最終的には、民主党の候補者というより、むしろ、様々な勢力のみなさまに応援して頂ける体制で市長選挙に臨むのは当然の事ですが、民主党が政権与党となった今、我々が主体的に候補者選定を行う責任があると考えています。

今後、公開討論会などを開催し、選定過程をオープンにしていく準備がありますので、ご注目を頂きたいと思います。


posted by 村越ひろたみ at 02:01| 政治放談

2009年09月18日

議院運営委員会

この特別国会の間は、議院運営委員会に所属をしているため、国会本館に詰めていなければならない場面が多々あります。

議院運営委員会とは、主に、本会議の日程や議題や採決方法などの本会議の運営にまつわる諸々の協議を行う場で国会内の議長応接室という部屋で行われます。

それ以外にも、委員会や調査会の設置や国会法の改正や議院規則の改正、議員会館・議員宿舎の部屋割りなども所轄になります。

国会の運営そのものを勉強するには格好の場ですが、国会開会中は同僚議員以上にスケジュールがタイトになるのが難点です。

因みに、議長応接室や予算委員会が行われる第1委員室は一般の方であっても議員の同伴があれば中に入って見学をすることが出来ます。


posted by 村越ひろたみ at 10:07| 活動報告

2009年09月17日

鳩山内閣始動

待ちに待った鳩山内閣が始動しました。

人選に関して、党内における勢力争いの悪影響が及んでいるかどうかはさておき、閣僚の面々が官僚の書いた紙を読み上げるのではなく、一様に自分の言葉で語っていたことは特筆すべきことだと思います。

政権交代が実現して、123年間存続してきた事務次官会議が廃止されました。まさに官僚主導の政治が終わりを告げ、政治主導の政治(考えてみれば当たり前のことですが…)が名実共に始まった訳です。

国民のみなさまのご期待は極めて大きいと思います。政治が変わったのは他でもない国民のみなさまが変わったからです。これからが本番です。是非とも引き続き政治に関心を持ち続けて頂きたいと思います。


posted by 村越ひろたみ at 19:36| 政治放談

2009年09月16日

代議士会

0909166.jpg

自民党が長年に亘って「城」としてきた第14控室(国会正面側の部屋)に移ってから最初の代議士会が開かれました。民主党はこの間野党の座に甘んじてきたため、国会裏側の控室を割り当てられてきました。まさに大逆転です。

因みに、代議士会とは本会議の前に必ず開かれる会議で、本会議でどのような議案が審議されるのか、採決の方針等を打ち合わせする場です。これだけの人数の議員が集まっている様は流石に圧巻です。

本会議場の議席は、前回の任期では最前列でしたが、今回は後ろから4列目になりました。どれだけ多くの新人議員が誕生したのかを端的に物語っています。


posted by 村越ひろたみ at 23:11| 活動報告

初登院!

090916first1.jpg

本日、「初登院」したことをご報告いたします。

浪人期間中、「失意泰然」を旨にしてきましたので、今度は「得意淡然」に精進して参ります。在野精神を忘れてはなりません。

所属委員会は、議院運営委員会および国土交通委員会です。


posted by 村越ひろたみ at 12:31| 活動報告

2009年09月15日

両院議員総会

090915ryoin.jpg

総勢308人の衆議院議員と109名参議院議員が一堂に会し、両院議員総会が行われました。

鳩山代表からの決意表明、小沢新幹事長からの挨拶があり、同期の面々との再会を喜び合いました。


posted by 村越ひろたみ at 12:43| 活動報告

2009年09月12日

選対解散式

この間、一貫して私の活動をお支え頂いた仲間のみなさんと選挙戦の総括を行いました。

矢崎事務局長に拠れば
@ボランティアのみなさまの団結力

A継続・反復して行ってきた朝夕の駅頭活動

B昨夏からの中身の濃い活動

Cたくさんのみなさまのポスター掲示のご協力

D支援団体の親身なご支援
がカギになった、とのことです。

私からすれば、@のボランティアのみなさんの叱咤激励が一番の支えになったことは明らかです。有志のみなさまが一致団結をすれば、強大な自民党の組織力を凌ぐことが出来ると実証できた訳です。

いずれにせよ、これからが本番です。
お力を頂いた方々はもとより、他党・他候補を支持された方々もが我々のお客さんであることを忘れずに職務を全うしたいと気持ちを新にしています。


posted by 村越ひろたみ at 12:12| 活動報告

2009年09月06日

いちかわ産フェスタ

090906feata.jpg

市川商工会議所主催のいちかわ産フェスタ(かつての産業祭り)に出掛けてきました。

市内の企業や商店の方々や各種団体がブースを出展し、商品や技術のPRをする、という企画です。

防災用自販機の展示やマンション管理組合のブースは大変興味深いものでした。

顔の見えるまちに変えていくためには、やはり、ローカルビジネスが元気にならないといけません。開会式典にて、久しぶりに来賓挨拶をさせて頂きましたが、そうしたお話をさせて頂きました。


posted by 村越ひろたみ at 11:52| 活動報告

2009年09月05日

富小親子校庭キャンプ

090905camp1.jpg

090905camp2.jpg

090905camp3.jpg

夕方から富岡小学校の親子校庭キャンプにお邪魔してきました。ご覧の通り、校庭は見渡す限りのテントで(100張り近くだったそうです)、かなりの壮観でした。

親子で校庭にテントを張って、カレーを作ったり、ピザを焼いたり、キャンプファイヤーを囲んだり、早朝ラジオ体操を行ったりしつつ親子の親睦を深め、通常の教育課程では賄えない教育を行うことが目的だと思いますが、何よりも素晴らしいのは、「お父さんの会」のみなさんが自ら企画して始まったことであって、PTAや教育委員会や自治会を巻き込みながら定着してきたイベントであるという点ではないでしょうか。

自治体や学校のみならず、地域ぐるみで教育を下支えしていく格好のモデルのように思えます。晩になると親御さん達は杯を交わして交流を深めているそうですが、当初は校庭で酒を飲むとは何事だ、という批判があったそうです。今回で9回目の開催になるそうですが、恐らく、イベントの意義や規模からしてそうした批判をはねのけながら発展したのだと思います。

近いうちに、富小の子どもたちと父母のみなさんを国会見学にお連れしたいと思います。


posted by 村越ひろたみ at 11:37| 活動報告