2009年09月17日

鳩山内閣始動

待ちに待った鳩山内閣が始動しました。

人選に関して、党内における勢力争いの悪影響が及んでいるかどうかはさておき、閣僚の面々が官僚の書いた紙を読み上げるのではなく、一様に自分の言葉で語っていたことは特筆すべきことだと思います。

政権交代が実現して、123年間存続してきた事務次官会議が廃止されました。まさに官僚主導の政治が終わりを告げ、政治主導の政治(考えてみれば当たり前のことですが…)が名実共に始まった訳です。

国民のみなさまのご期待は極めて大きいと思います。政治が変わったのは他でもない国民のみなさまが変わったからです。これからが本番です。是非とも引き続き政治に関心を持ち続けて頂きたいと思います。


posted by 村越ひろたみ at 19:36| 政治放談