2010年01月18日

常会冒頭にあたって

18日付けの読売新聞の報道によると、内閣支持率が11ポイント急落し、不支持率(42%)とほぼ同水準になりました。これは、小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る一連の疑惑や新旧秘書の逮捕を国民のみなさまが極めて深刻に受け止めておられる結果ではないでしょうか。

現状は、残念ながら、小沢幹事長が国民に対する説明を十分に尽くしたとは言い難い状況です。そもそも政治活動のために集めた政治資金で、なぜ不動産を買う必要があるのか、私には到底理解ができません。

確かに、刑事責任に関しては検察の捜査が進んでおり、その行く末を冷静に見守るべきです。しかし、我々政治家は、刑事責任の有無とは別に、国民に対する政治的・道義的責任を負っていると考えます。現職の国会議員を含む新旧秘書3名が逮捕された事実は極めて重いものです。

また、本来は、小沢一郎氏の政治スタンスそのものの問題であるのにも関わらず、氏が幹事長という党の要職にあるが故に、あたかも党全体の問題として扱われてしまっています。その結果、検察対与党という国民不在の不毛な対立構図が作り出されています。

小沢幹事長が果たしてきた貢献は多大なものであり、氏が卓抜した政治家であることは論を待ちません。検察捜査のあり方も後日厳しく検証されるべきでしょう。しかし、そうした事実と政治家としての説明責任とは、全く別の問題であると私は考えます。国民生活のための様々な議論をすべき時間が奪われようとしている事態を阻止するためにも、小沢幹事長は自ら責任を取るべきです。

メディア等で発言を行った後、事務所には多数のご意見・抗議が殺到し、中には脅迫めいた文書・メールが届く状況にあります。しかし冷静に考えて頂きたい。自由な意見表明や相互批判こそが、民主主義の原則であり、民主党結党以来の良き文化なのです。私は、信念に従って発言し続けることでしか国民のみなさまの負託に応えることはできないと強く考えます。
posted by 村越ひろたみ at 18:19| 政治放談

2010年01月01日

年頭ごあいさつ

2010年、新しい年が明けました。

昨年は、8月総選挙での国政復帰と歴史的な政権交代の実現、11月市川市長選挙での大久保博さんの勝利と、大きな政治的前進を勝ち取った年でした。総選挙後すぐに市川市長選挙に突入したこともあり、みなさまに充分なお礼のご挨拶もできないまま時間が経ったしまったことを深くお詫び申し上げます。改めまして、お支えて頂いたみなさまに心から感謝の気持ちをお伝えするとともに、今後も変わらぬご支援・ご指導をお願い申し上げる次第です。

さて、歴史的な政権交代によって民主党を中心とする政権ができましたが、自公政権から引き継いだ負の遺産の清算を行いながら、2010年度予算を急いで組まなければならず、さらに経済危機から来る税収の大幅な落ち込みもあって、マニフェストでお約束した政策を100%反映させるまでには至っていないことを率直にお詫びしなければなりなせん。しかし、今年は、何としても政権交代の果実を着実に実らせる年にしていかなければなりません。

また、今年は、夏の参議院議員選挙、秋の浦安市長選挙、それが終わると統一地方選挙の本格的な準備、と重要な選挙が続く年でもあります。日常の政治活動を着実に行っていくなかで、信念に基づいた発言をし続けることでしか国民の負託に応えることは出来ないと考えます。これまでに増して、みなさまの身近な所でみなさまにわかりやすい形で職責を果たしていかなければならないと決意を新たにしています。

山積する課題に応えていくためには、政治を変える力を地域にしっかりと根付かせることが不可欠です。そこで、これまで名ばかりだった後援会に命を吹き込もうと、様々な取り組みを始めております。多くのみなさまに後援会にご参加頂き、叱咤激励を頂きつつ歩みを共にして頂ければ望外の喜びです。最後になり大変恐縮ですが、本年がみなさまにとって素晴らしい一年になりますようお祈り申し上げます。

2010年1月
衆議院議員
村越 祐民

posted by 村越ひろたみ at 12:15| 活動報告