2010年01月01日

年頭ごあいさつ

2010年、新しい年が明けました。

昨年は、8月総選挙での国政復帰と歴史的な政権交代の実現、11月市川市長選挙での大久保博さんの勝利と、大きな政治的前進を勝ち取った年でした。総選挙後すぐに市川市長選挙に突入したこともあり、みなさまに充分なお礼のご挨拶もできないまま時間が経ったしまったことを深くお詫び申し上げます。改めまして、お支えて頂いたみなさまに心から感謝の気持ちをお伝えするとともに、今後も変わらぬご支援・ご指導をお願い申し上げる次第です。

さて、歴史的な政権交代によって民主党を中心とする政権ができましたが、自公政権から引き継いだ負の遺産の清算を行いながら、2010年度予算を急いで組まなければならず、さらに経済危機から来る税収の大幅な落ち込みもあって、マニフェストでお約束した政策を100%反映させるまでには至っていないことを率直にお詫びしなければなりなせん。しかし、今年は、何としても政権交代の果実を着実に実らせる年にしていかなければなりません。

また、今年は、夏の参議院議員選挙、秋の浦安市長選挙、それが終わると統一地方選挙の本格的な準備、と重要な選挙が続く年でもあります。日常の政治活動を着実に行っていくなかで、信念に基づいた発言をし続けることでしか国民の負託に応えることは出来ないと考えます。これまでに増して、みなさまの身近な所でみなさまにわかりやすい形で職責を果たしていかなければならないと決意を新たにしています。

山積する課題に応えていくためには、政治を変える力を地域にしっかりと根付かせることが不可欠です。そこで、これまで名ばかりだった後援会に命を吹き込もうと、様々な取り組みを始めております。多くのみなさまに後援会にご参加頂き、叱咤激励を頂きつつ歩みを共にして頂ければ望外の喜びです。最後になり大変恐縮ですが、本年がみなさまにとって素晴らしい一年になりますようお祈り申し上げます。

2010年1月
衆議院議員
村越 祐民

posted by 村越ひろたみ at 12:15| 活動報告