2010年06月23日

参議院選挙を前に

政権交代が実現し、お陰さまで丸一年近くが経とうしています。この間、政治とカネの問題や首相のリーダーシップ不足など、民主党にご期待頂いていたみなさまをガッカリさせる場面が続いた事を率直にお詫びしなければなりません。本当に申し訳ありませんでした。

しかし、結果として菅直人首相・枝野幸男幹事長の新たな体制が誕生しました。この2人は、クリーンな政治をつくること、市民が主役の公平で透明な社会をつくることを掲げて民主党を立ち上げた面々であり、私が政治活動を初めて以来、親身なご指導を頂いてきた方々でもあります。その意味では、紆余曲折があったものの、民主党は結党の理念に立ち返って本来の姿に戻ることが出来た訳であります。彼らが政権運営・党運営の責任者に就いた事を歓迎すると同時に、昨夏、民主党に期待し世間交代に賭けてくださったみなさまのご期待に添える仕事がこれから必ずできるものと確信しております。

さて、通常国会が閉会し、いよいよ参議院選挙が目前に迫ってきました。千葉県選挙区では、新人で弁護士の道あゆみさん、全国比例区では私が私淑をしている広中和歌子さんが立候補を予定しております。

道さんは、法律家として、また後進を育成する教育者として、そして子育て中の主婦として活躍してきたとても民主党らしい素晴らしい人物です。もちろん、党の前執行部に対してコンプライアンスの観点から鋭い批判をした勇気ある方です。広中和歌子さんは、ユニセフの活動をはじめとした国連での活動や環境運動、女性の社会参加などに関するパイオニア的な存在であり、国会に引き続いて必要不可欠な存在です。

言うまでもなく、政権の基盤を確実なものにし、様々な政策の実現を推し進めていく上で、民主党が参議院選挙で単独過半数を確保することが重要です。しかし、それ以上に、私はこうした優れた方々と政治活動を共にできることを誇りに思うと同時に、率直に市民のみなさまに彼女達のすばらしさを知って頂きたいと考えています。
posted by 村越ひろたみ at 20:49| 政治放談

民主党公認候補者の公募について

われわれ民主党千葉県第五区総支部(市川・浦安)では、今年の10月に予定されている浦安市長選挙、および来春に予定されております統一地方選挙(千葉県議会議員選挙、市川市議会議員選挙、浦安市議会議員選挙)に向けて、民主党公認候補予定者につき、広く公募を行うことと決めました。
 
これは、我が国初の民主的で本格的な政権交代を背景に、市民の、市民による、市民のための政治の実現に向けて動き始めた大きなうねりを、一層加速していくための大きな一歩になると考えています。
 
 批判する対象としての政治から、参加する対象としての政治へ。
 民主党は地方政治の現場から、変革に取り組んで参ります。

これまで政治に関心はあれど、直接的な参加の方法を持たなかった、多様で有為な人材に広く呼びかけます。みなさまのお力を、変革実現のためにお貸し下さい。応募に関する詳細は、別紙に記載の通りです。

多くのみなさまのご応募をお待ちしております。
posted by 村越ひろたみ at 19:54| お知らせ

2010年06月04日

菅内閣誕生にあたって

本日、11時より衆議院別館5階講堂で両院議員総会が開かれ菅直人新代表・新総理が選出されました。この場所は、今から5年前の8月8日、あの郵政解散が行われたその日に党所属の議員が一堂に集い、結束を確認し合ったまさにその場所です。

5年ぶりにこの場所に足を踏み入れ、選挙でコテンパにやり込められることを薄々予感しつつ地元に戻っていった当時のことを思い起こしながら、議員になってはじめて「菅直人」と投票用紙に書かせてもらったことは大変感慨深いものがありました。

さて、それはそれとして、鳩山内閣が在任日数262日という短い間に総辞職に追い込まれた反省をした上で、しっかりとした新内閣をつくりあげ、直ちに困難な局面に対処していかなければなりません。

新内閣が、政治とカネの問題に決着をつけ、選挙至上主義をやめ、政策よりも政局を優先する政治スタイルをやめる事で、民主党が活力を取り戻し、見通しの利いた国民生活を実現させる第一歩になるのだと確信しております。
posted by 村越ひろたみ at 17:47| 政治放談