2011年03月17日

力を一つに!

東日本大地震で被災されたみなさまに改めまして心からお見舞いを申し上げます。3月11日の巨大地震と大津波は、我々が想像だにしなかった深い深いつめ跡を残しました。特に浦安市では、液状化現象による深刻な被害が出ており、被災地として完全復活に向けて課題が山積している状況です。しかし、こんな時こそ政治が本来の役割を果たさなければなりません。我々民主党一同、政権政党として野党のみなさまにご協力を頂きながら、不眠不休で頑張っています。本来、日本人は、度重なる困難を克服してきた誇るべき歴史と国民性を持っています。その伝統と力を今こそ一つにすることでこの国難を必ず乗り切ることが出来ると確信しています。希望をもって頑張りぬきましょう。我々は先頭に立つ覚悟です。

■震災被害について、ご相談ください。
今回の大震災の被害や今後へのご不安、また停電の情報がわからないなどのお問い合わせ等々、可能な限り対応いたしますので、お気軽にご相談ください。また、被害状況などについての情報もお寄せください。みなさまの声を政府へ直接お伝えいたします。浦安における計画停電回避もみなさまの生の声をお届けする中で実現しました。
TEL:047-333-1990 民主党千葉県第5区総支部

■節電・節水にご協力ください。
原子力発電所、火力発電所の被災により、電力供給が逼迫し、政府は東京電力の計画輪番停電を承認いたしました。国民を挙げてこの困難を克服するために、みなさまには節電へのご協力をお願いいたします。また、水の供給に支障が生じている地域では、節水へのご協力もお願いいたします。

■義援金を募っています。
被災地支援のための義援金を募っています。ご協力をお願いいたします。振り込み口座は下記の通りです。

【郵便振替】00110-6-65328 「民主党募金口座」
【銀行振込】りそな銀行衆議院支店(普)7815354 「民主党募金口座」

※お預かりした義援金は民主党への寄付ではありません。民主党が募金者のみなさまからお預かりし、全額、災害支援活動にお届けします。

どうかみなさま、よろしくお願いいたします。
posted by 村越ひろたみ at 09:48| お知らせ

2011年03月15日

浦安市内被災状況A

東日本大震災により、浦安市の埋め立て地域で、深刻な液状化現象による被害が発生しました。
3月14日、浦安市全域を回って、被害状況を調査しました。

110314_07.jpg 110314_08.jpg 110314_09.jpg

液状化の被害がきわめて深刻な弁天地域。

110314_10.jpg

日の出中学校での給水作業。

110314_11.jpg 110314_12.jpg

道路の陥没や泥の流出は、埋め立て地域の随所に見られる。


浦安市・災害情報のページ http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu9765.html

市川市・災害情報のページ http://www.city.ichikawa.lg.jp/cri01/1111000030.html
posted by 村越ひろたみ at 17:15| 活動報告

2011年03月14日

浦安市内被災状況@

東日本大震災により、浦安市の埋め立て地域で、深刻な液状化現象による被害が発生しました。
3月14日、浦安市全域を回って、被害状況を調査しました。

110314_01.jpg

舞浜のホテル前。これだけの段差ができている。

110314_02.jpg

家屋に向かって倒れそうな電柱。(弁天1丁目)

110314_03.jpg

液状化によるヘドロが各家の前に。(弁天1丁目)

110314_04.jpg

高層マンションの駐車場にわき出たヘドロの除去作業。(高洲)

110314_05.jpg

傾いてしまった電柱。(高洲)

110314_06.jpg

押し上げられてしまったマンホール。(高洲)


浦安市・災害情報のページ http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu9765.html

市川市・災害情報のページ http://www.city.ichikawa.lg.jp/cri01/1111000030.html
posted by 村越ひろたみ at 17:16| 活動報告

2011年03月11日

東日本大地震対策本部設置のお知らせ

本日、午後2時45分頃に東北地方太平洋沖で発生した大地震で被災された方々に心からお見舞いを申し上げますとともに、都心に取り残された帰宅困難者のみなさまに心からお見舞いを申し上げます。

我々、民主党千葉県第5区総支部では、直ちに東北地方太平洋沖地震市川浦安対策本部を設置し、市川市・浦安市および千葉県下と都心下の被害状況を把握するとともに、被災者のみなさま、帰宅困難者のみなさまに出来うる限りのサポートをして参ります。

現状、電話が全くつながらない状況ですが、ネットインフラは比較的しっかりしている様子ですので、ツイッター等を活用して連絡や情報提供を行って参ります。サポートをご希望の方は、メールアカウントあるいはツイッターアカウント<@hirotami_m>までご連絡頂くか、お近くの方は、国道14号線・市川市役所向かいの補聴器屋さんの2階までお気軽にお越しください。
posted by 村越ひろたみ at 21:05| お知らせ

2011年03月07日

前原大臣辞任に際して

春の訪れと共に花粉が飛び始めました。スギやブタクサはおろかアルコールに至るまで様々なアレルギーを有する私からすればこの季節はつらいものがあります。

もはや国民病と言われる花粉症は、放漫な林野行政の重いツケであることは明らかですが、本質的な問題は、むしろ、我々が安直な生活を追い求め過ぎたことにあるのではないでしょうか。

かつて旺盛だった住宅需要にあわせて生育の早いスギをのべつまくなく植林することが必要だったことは理解できます。しかし、我々日本人は本来、腰を据えてじっくり物事に取り組むことが得意なはずです。

思考の早さで結果を出す必要などなく、長期的な視点や分析に基づいて真の豊かさを志向し、課題に取り組むことが常に求められているのだ、鼻をかんで山になっているティッシュを前に切にそう思います。

さて、永田町では、論戦の主戦場が参議院に移りました。そこにきて、私淑している前原誠司さんが外務大臣を辞任することに至りました。こうした問題に対して敏感だった方だけに残念でなりません。

けじめをつけた上でしっかりと説明をして頂き、スキャンダル合戦で国会論戦が滞らないように徹底しなければなりません。

もう一つの所属委員会の安全保障委員会での議論が本格化しますが、ローマにて塩野七生さんから頂いた「自宅の戸締まりは個人で出来るが、国の戸締まりは個人では出来ない。それこそが政治家の仕事です。」とのお言葉を胸にしっかりと取り組んでいく覚悟です。
posted by 村越ひろたみ at 11:57| 政治放談