2012年08月20日

9月開催のタウンミーティングのご案内

民主党千葉県第5区総支部・村越ひろたみ事務所です。
地域に根ざした活動をめざして、毎月、会場を変えながら、それぞれの地域でタウンミーティングを開催しております。9月は、下記の日程でタウンミーティングを企画いたしましたので、ご案内申し上げます。お時間がございましたら、ご参加くだされば幸いです。

【市川】
9月1日(土)
・時間:13:45開場、14:00開会
・場所:行徳文化ホール I & I ・会議室1(市川市末広1-1-48)
・内容:衆議院議員 村越ひろたみ
     <マニフェストの検証と今後の政治の方向>
    市川市議会議員 守屋貴子
     <市政報告>
     ※各報告の後、ディスカッションの時間を設けます。
・参加費:無料

【浦安】
9月23日(日)
・時間:9:45開場、10:00開会
・場所:浦安市文化会館・3F第1会議室(浦安市猫実1-1-2、市役所となり)
・内容:衆議院議員 村越ひろたみ・国政報告
     <マニフェストの検証と今後の政治の方向>    
    千葉県議会議員 矢崎けんたろう・県政報告
    浦安市議会議員 岡野じゅん子・市政報告
     ※各報告の後、ディスカッションの時間を設けます。
・参加費:無料


ご参加頂ける方は、事前にご連絡をくだされば幸いです。
もちろん、当日の直接参加もOKです。

※市川会場へのアクセスは、こちらをご参照ください。
 浦安会場へのアクセスは、こちらをご参照ください。

==============
民主党千葉県第5区総支部・衆議院議員村越ひろたみ事務所
〒272-0021
千葉県市川市八幡1-16-2フェリーチェ本八幡202
TEL:047-333-1990
FAX:047-333-1991
mail:info@hirotami.jp
posted by 村越ひろたみ at 00:00| お知らせ

2012年08月01日

脱原発を確実なものに!

反か脱かはさておき、私は原子力発電には何らメリットがないと考えています。その思いは福島原発事故以前からのものです。原発は、国土を汚し子ども達の将来を脅かし、リスクを考慮すれば国民負担に歯止めがかからず、廃棄物の処理を含めて外国に迷惑をかけるからです。だからこそ、福島の事故の猛省のうえに、再生可能エネルギーを産業化し、寿命が来た原発から順番に廃炉していくことこそ真の保守政策であり国益に合致するものと信じています。

大飯原発再稼働に関する一番の問題は、政府が採用した脱原発路線を現実の政策に落としこんだもの、つまり具体的な脱原発のための工程表を策定するまえに、当座の電力需給のために再稼働を決断したことに尽きると思います。全体計画のなかで、最終的にどのような形で脱原発が担保されるのかを明らかにした上で、比較的安全度が高いとされる大飯原発をやむなく再稼働したというならまだしも、この夏は特に暑いから、とか、経済界の要望云々で再稼働する、というのは明らかに間違った事です。

9月には強力な権限を持った原子力規制委員会が立ち上がります。バックフィット制度と呼ばれる最新の安全基準を全国の原発に厳格適用し、大飯原発は再停止を行うと共に全ての原発の廃炉に向けた現実的な取組を始めなければなりません。議会では有志の議員と共に、2025年度までに脱原発を完了し、再生可能エネルギーに移行することを明記した脱原発基本法案の提出に向けて白熱した議論を行っています。脱原発に向けた国民の強い思いをどう受け止めるか、政治の覚悟が問われています。
posted by 村越ひろたみ at 00:00| 政治放談