2005年08月09日

駅頭にて

0809.jpg

今朝は本八幡駅南口で演説を行いました。その中身は、この解散の持つ意味→郵政民営化は総選挙の争点とはなり得ないこと→本来争点とすべきは、財政再建や少子高齢化対策を始めとした社会保障改革である→その際の民主党の具体案はなにか、という流れです。解散翌日ということで、市民のみなさんの関心が高いようで、多くの方からご意見を頂きました。その中身は、「民主党がんばれ!」という大変ありがたい激励から、「なんで民主党は郵政民営化法案に賛成しないのか!?」というお叱りまで様々です。争点にするべきでないと考えている問題に関して、多くを語るべきではないのかもしれませんが、民主党が無策であるとの誤解が多いようなので、民主党案に関して持論を交えてお話しています。選挙が始まるまでにはそうした誤解を解いておき、本番に入ってからは本来議論をすべき問題だけにフォーカスしたいと思います。それにしても、昨晩の小泉さんの欺瞞に満ちた記者会見演説は、呆れることを通り越して、もはや芸術の域に達したナ、と驚嘆してしまいます。問題を見事なまでに単純化し論点をずらす手法と、自民党の垢や膿や恥部を全て反対派に押しつけて放り出す手法は、古今東西例の無いことでしょう。「自民党をぶっつぶす」というのは、結局のところ、旧橋本派の力を弱める代わりに森派の力を強くしているだけにすぎない、という事実を見過ごしてはなりません。


posted by 村越ひろたみ at 13:21| 活動報告