2006年01月04日

格差社会の証拠

朝日新聞の報道によれば、公立の小中学校で文房具代や給食費、修学旅行費などの援助を受ける児童・生徒の数が04年度までの4年間に4割近くも増え、受給率が4割を超える自治体もあるそうです。

塾や習い事に沢山のお金をかけることが出来る家庭がある一方で、文房具や給食費の補助を受けなくてはならない子ども達がここまで増えているというのは、この国が「勝ち組」と「負け組」の二極に分かれてしまっている明々白々な証拠ではないでしょうか!?

いくら経済指標が良いからと言い張っても、国民の実生活のレベルでこのような問題が放置されているというのは、大いに問題があり、看過できないことです。格差社会の構造的要因を抽出し、その解消に向けて大いなる取組を行うことこそ、これからの政治の最大の課題となるでしょう。


posted by 村越ひろたみ at 04:16| 政治放談