2006年02月23日

あしなが育英会「心塾」

2.23-2.jpg

2.23.jpg

あしなが育英会が大学に通う遺児のみなさんの為に日野市に新たに建設した「心塾」の開塾式に参列してきました。

式典の後、玉井義臣あしなが育英会会長のお話をたっぷり伺う機会に恵まれましたが、遺児家庭の貧困の実態に立ち向かい、交通遺児の教育に身を捧げてこられた会長の社会運動家としての凄まじさをまじまじと見せつけられた思いです。

この心塾のすばらしいところは、設備や周りの環境が優れているところだけではなくて、塾生の人格陶冶のための数々の実践的プログラムが行われていることです。ここから大学に通学している塾生とお話をする機会を頂きましたが、社会感覚に富んだ優れた塾生が多いことに驚きました。

よく、民主党の若手は、政策論ばかりが得意で地に足が着いていない(運動が伴っていない)という指摘を受けます。玉井会長のお仕事を拝見していると、まさにその通りでして反省ひとしきりです。


posted by 村越ひろたみ at 13:26| 活動報告