2008年01月31日

つながらない法案

自民党が議員立法で提出した、いわゆる「つなぎ法案」が取り下げられたのは既にご案内の通りかと思います。衆参両院を通じて、委員会で可決された法案を本会議で採決せずに撤回するのは初めてのことだそうですし、内閣総理大臣である以前に与党の総裁である方が、その中身について承知していないという法案も聞いたことがありません。

それほど無理筋な法案だったからこそ、衆参両院の議長が与野党の仲介に動いたのでしょうし、暫定の暫定というのもヤヤコシイ話ですし、色々な意味で「つながらない法案」だったように思います。

そもそも、このガソリン税の問題は、税制や予算編成のあり方そのものを根本的に問い直す議論の端緒であるべきと考えます。

10年間で59兆円分の道路を作り続けるという国土交通省の中期計画が正しいのか、ひいては、直間比率の問題をどのように考えるのか、公共事業を積極的に行うことで有効需要を創出していこうという、ある種のケインズ政策を続けていくことがこの国の現状に必要なことなのか、国民の血税をどこに還元すべきなのか、道路なのかヒトなのか、国か地方か、といったより本質的な議論をしていかなければなりません。

もちろん、ガソリンの値段が下がることで税収が減った分以上の経済効果が見込まれるのは火を見るより明らかですし、特定の税収を道路だけに限定しているという構造自体が時代にそぐわなくなってきている、という事は少なくとも自明のことなのではないでしょうか。


posted by 村越ひろたみ at 20:01| 政治放談