2008年04月29日

自殺をなくするために

インターネットで情報を入手し、洗剤や入浴剤などを使って硫化水素発生させて自殺を図る事件が横行しています。

自ら命を絶つことの問題もさることながら、家族や近隣住民に多大なる迷惑が掛かり、巻き添えの被害が後を絶たないことに大変な問題があります。

往来の激しいところで飛び降り自殺を図ることもそうですが、「棺を蓋いて事定まる」のであれば、自ら命を絶ってその生涯を終えることや巻き添えを伴ってあの世へ旅立つ等いうのは「最低最悪の人生」と言えるのではないでしょうか。

私の尊敬して止まない恩師が、某高校の卒業式で大要次のような祝辞を述べたそうです。

「ものを考える人間であれば、これからの長い人生においていっそのこと死んでしまおうと考えることがきっとあるでしょう。そんな時は、風呂に水を貯めてそこに顔を突っ込んで死になさい。決してそれ以外の方法で自殺をしてはいけない。それはどうしてか。やり直しがきくからです。苦しいと思ったら直ぐに顔を上げて、そこからまた頑張って生きていけばいいんです。風呂の中に顔を突っ込んで溺れて死ぬなんてのは本当に苦しいですよ。その苦しさを乗り越えてまで死ぬ覚悟があるのならそれでも良いかもしれない。けれども、そんな覚悟があるのなら大概のことは乗り越えていけるんじゃないか。首を吊ったり飛び降りたりなんて絶対してはいけない。やっぱり止めよう、頑張ろうと思い直してもその時は既に遅いんです。」

スピーチの冒頭だけを聞くと、先生方の顔がだんだんと青ざめていく様子が目に浮かびますが、メッセージ全体を聞けば、長い人生を旅していく上で大変重要な訓辞が含まれていると思います。

我が国においては、10年来、年間自殺件数が3万人を超えている悲惨な状況があります。格差問題や不景気、セーフティーネットが不十分であること等様々な原因が考えられますが、政治が本腰を入れてこの問題に取り組むべきだと強く考えます。

増税をしてまで道路や橋を作るヒマがあったら、窮地に立たされている人々を救うためのカウンセリング機関を設置し、同一労働同一賃金を実現して格差問題の解消に努めるべきでしょう。


posted by 村越ひろたみ at 18:49| 政治放談