2008年10月30日

下総中山駅にて

081030nakayama.jpg

景気後退による法人税収や消費税収の落ち込みが響いて今年度の我が国の税収が当初見込みより5兆円以上減収となるそうです。

政府はこれを補填するために、赤字国債を乱発せざるをえなくなるので新規国債発行額が3年振りに30兆円を上回ることになりそうだ、との報道がありました。これによって、財政健全化のためのプライマリバランスの黒字化を2011年度までに達成するという目標がまた遠のいてしまいました。

プライマリバランス云々というと何ともピンときませんが、就職活動を控えた大学3年生のみなさんが就職氷河期の再来を予見して今から頭を抱えている、という話や、真っ当な努力をしているのにもかかわらず就職できない方々が溢れているという現実を目にすると事の深刻さがひしひしと伝わってきます。

朝の駅頭中に遠足に出かけるべく駅に集結してきた小学生の集団に囲まれて「黄色い声援」を沢山頂きました。ありがたい限りでしたが(笑)、彼らの将来を考えるといてもたってもいられなくなってきました。

我々は、彼らが将来稼いで納めてくれるであろう税金に今から手をつけて彼らにツケを回してこの国の運営をしているという現状を直視しなければなりません。


posted by 村越ひろたみ at 15:12| 活動報告