2008年12月14日

首相ぶら下がり

私が連日巡回するウェブの一つにアサヒコム内の「首相ぶら下がり」なる頁があります。

「ぶら下がり」取材とは、記者が取材対象者に対して、ある場所から出てきた直後や移動の際中などに立ったまま質問をぶつけてその回答を引き出すことを一般に指すようです。

この頁には麻生首相の肉声や呼吸がそのまま掲載されるようになっていて、首相が何を考えているのか、あるいは考えていないのか、が良く伝わってきます。真実を報道するのがジャーナリズムの使命だとすれば、大変出色なコンテンツだと思います。


posted by 村越ひろたみ at 11:37| 閑話休題