2008年12月31日

無題

先日、ベートーヴェンの交響曲第九番を聞く機会に恵まれました。

クラシックと無縁の私をそうした荘厳な場所に連れて行こうと考える方に対してもそうですが(笑)、年末は第九である、というステレオタイプに疑問を感じておりました。

年末年始に仕事がなかった交響団が収入増を図って第九の演奏会を開催したことが慣行化した、ということのようですが、ベートーヴェンの最後の交響曲、という事実に掛けているところもあるのでしょうか(どなたか真相をご存じでしたら教えてください)。

歳末の喧噪の中に、どこからともなく「歓喜の歌」が聞こえてくると、ようやく一年が終わるんだなァという気になりますが、指揮者の一挙手一頭足、合唱団の中にあって決して埋没しないソプラノ歌手の透徹ぶり、渾然一体となった音が瞬時に去っていく感覚等々、現物?を初めて目と耳にして鳥肌が立った次第です。

ベートーヴェンは、第九を完成させたことで、既存の価値観や枠組みを打ち破って、新たなスタイルを確立したと言います。

来年は変革の年です。

本年はみなさまに本当にお世話になりました。
来たる年もどうぞ宜しくお願いいたします。

村越祐民


posted by 村越ひろたみ at 17:17| 無題