2009年06月12日

キャラ弁に挑戦

obento0602.jpg

先日、妻に代わって年少組に通う長男のお弁当を作ることになりました。

色々と考えた結果、息子を喜ばせたい一心でアンパンマンの「キャラ弁」に挑戦してみました。

初めてにしてはナカナカのものだろう、と勝手に自画自賛をしておりましたが、ネットで主婦のみなさまの芸術的な作品を見るにつけ、だんだん息子に対して申し訳なくなってきました(笑)。

唯一の救いは、長男が残さず全部食べてくれたことでしょうか。

さて、よく親の気持ちは実際に自分が親になってみないと解らない、といいますが、私も全くその通りだと思います。子どもが産まれて初めて、両親もこんな気持ちで自分に接してくれていたんだろうな、と感謝することが出来たからです。

いずれにせよ、長男に迷惑がられない程度に「キャラ弁」道に励みたいと思います(笑)。


posted by 村越ひろたみ at 10:00| 閑話休題