2009年06月14日

郵政社長人事問題について

郵政会社西川社長の進退問題は、鳩山総務大臣の更迭という形で決着をみました。しかしながら、一番の問題点は、今回の麻生首相の決断?をもってますます、時の政権が郵政民営化に対して是なのか非なのかがハッキリとしなくなってきたことです。

景気対策や年金問題や子育て支援など、次の総選挙の争点はいくつも考えられますが、過去の政策の当否についても検証がなされてしかるべきです。その点、郵政民営化なる政策で幸せになった国民は殆どいないのではないでしょうか。

蛇足ですが、鳩山兄弟が交互に兄の動向がどうだ、弟はこうだと交互に発言を繰り返し、そのことばかりがワイドショー的に取り上げられていることに関しても、そうした話が本来、国民生活に何ら関係が無いことからして違和感を覚えずにはいられません。


posted by 村越ひろたみ at 13:39| 政治放談