2009年07月27日

了徳寺大学

090727ryo2.jpg

090727ryotoku.jpg

地元廻りの合間に了徳時大学を見学させて頂きました。

理事長さんと学長さんと面談をさせて頂き、設備を見せて頂きましたが、地元に特色あふれる大学があるかと思うと大変嬉しくなりました。

写真は、理学療法士養成のための教室ですが、大規模なリハビリテーション病院と同等の設備が備わっており、大変恵まれた環境で実習ができるようになっています。

学生のみなさんのレベルの高さにも驚きました。提出されたレポートをチラ見(笑)しましたが、門外漢の私が一瞥しても良く練り込まれているのが分かりました。すれ違った多くの学生さんがあいさつをしてくれたのも大変印象的でした。

これからの医療において、理学療法士を始めとしたコ・メディカルスタッフが重要になることは言うまでもありませんが、その人員育成を徹底的に追求しようとしているこの大学は既に異彩を放っています。

理事長さんに拠れば、校内の大規模な遊休地を近隣のまちづくりのために活かす構想がおありだということですが、地域に根ざした大学として発展することを願うばかりです。


posted by 村越ひろたみ at 15:26| 活動報告