2009年09月05日

富小親子校庭キャンプ

090905camp1.jpg

090905camp2.jpg

090905camp3.jpg

夕方から富岡小学校の親子校庭キャンプにお邪魔してきました。ご覧の通り、校庭は見渡す限りのテントで(100張り近くだったそうです)、かなりの壮観でした。

親子で校庭にテントを張って、カレーを作ったり、ピザを焼いたり、キャンプファイヤーを囲んだり、早朝ラジオ体操を行ったりしつつ親子の親睦を深め、通常の教育課程では賄えない教育を行うことが目的だと思いますが、何よりも素晴らしいのは、「お父さんの会」のみなさんが自ら企画して始まったことであって、PTAや教育委員会や自治会を巻き込みながら定着してきたイベントであるという点ではないでしょうか。

自治体や学校のみならず、地域ぐるみで教育を下支えしていく格好のモデルのように思えます。晩になると親御さん達は杯を交わして交流を深めているそうですが、当初は校庭で酒を飲むとは何事だ、という批判があったそうです。今回で9回目の開催になるそうですが、恐らく、イベントの意義や規模からしてそうした批判をはねのけながら発展したのだと思います。

近いうちに、富小の子どもたちと父母のみなさんを国会見学にお連れしたいと思います。


posted by 村越ひろたみ at 11:37| 活動報告