2005年08月06日

「過ちを繰返さな」いために

本日の東京新聞の夕刊記事に拠れば、米国における世論調査の結果、6割近くのアメリカ人が、広島・長崎への原爆投下を支持しているという。要するに、原爆投下が悲惨な戦争の終結を早め、その結果として、より多くの人の命が救われた、との意見である。ここで問題なのは、被害者(被爆した)側を逆なでする加害者(原爆を製造・使用した)側のメンタリティのありようにとどまらず、その根っこにある「原爆投下は必要善だったのだ」というある種の功利主義的発想である。思うに、政治の現場においては、功利主義的発想は論難されなければならない。なぜなら、功利主義者の掲げる「最大多数の最大幸福」という価値観を実現するためには、「多少の犠牲を厭わない」事になってしまい、上述のような世論をつくりかねないからである。真の平和構築のためには、「ヒロシマを語り継ぎ、伝えていく」と同時に、世界平和に対するアプローチを共有することが肝要である。ところで、広島の平和記念公園・原爆慰霊碑の一節「過ちは繰返しませぬから」の主体は、日米両国の戦争当事者、原爆被爆者・死没者はおろか、地球上のすべての人間と読むべきであろう。なぜなら、この碑文を、広島という地理的に限定された文脈で読めば、過ちを犯したのは、あくまで原爆を投下した米国なのであって、論理矛盾になるからである。被爆60年が経っても、平和の原点ヒロシマが、世界に対して投げかるものはなお重い。


posted by 村越ひろたみ at 20:23| 自問自答