2011年11月02日

11月開催のタウンミーティングのご案内

いつも、たいへんお世話になっております。
民主党千葉県第5区総支部・村越ひろたみ事務所です。
私たちは、地域に根ざした活動をめざして、毎月、会場を変えながら、それぞれの地域でタウンミーティングを開催しております。
11月は、下記の通りタウンミーティングを企画いたしましたので、ご案内申し上げます。
お時間がございましたら、ご参加くだされば幸いです。

11/14(月) 18:30開場、19:00開始
●場所:市川市文化会館(市川市大和田1-1-5)
●内容:衆議院議員村越ひろたみ・国政報告/守屋貴子市川市議・市政報告
●アクセス:JR本八幡駅南口から約10分

11/19(土)9:45開場、10:00開始
●場所:浦安市民プラザwave101(JR新浦安駅前、ショッパーズプラザ新浦安4F)
●内容:衆議院議員村越ひろたみ・国政報告/矢崎堅太郎千葉県議・県政報告/岡野純子浦安市議・市政報告
●アクセス:JR新浦安駅前、浦安市入船1-4-1

いずれも参加費無料です。
ご参加頂ける方は、事前にご返事をくだされば幸いです。
もちろん、当日の直接参加もOKです。

※会場へのアクセス地図は、こちらをご参照ください。


==============
民主党千葉県第5区総支部・衆議院議員村越ひろたみ事務所
〒272-0021
千葉県市川市八幡1-16-2フェリーチェ本八幡202
TEL:047-333-1990
FAX:047-333-1991
mail:info@hirotami.jp
HP:http://hirotami.jp
posted by 村越ひろたみ at 13:50| お知らせ

2011年10月20日

10月開催のタウンミーティングのご案内

私たちは、地域に根ざした活動をめざして、毎月、会場を変えながら、それぞれの地域でタウンミーティングを開催しております。
今月(10月)は、下記の通りタウンミーティングを企画いたしましたので、ご案内申し上げます。
お時間がございましたら、ご参加くだされば幸いです。

10/22(土) 9:45開場、10:00開始
●場所:東部公民館(市川市本北方3-19-16)
●内容:衆議院議員村越ひろたみ・国政報告/守屋貴子市川市議・市政報告
●主催:タウンミーティング実行委員会
●アクセス[バス]JR本八幡駅北口→(京成鬼越駅経由)→市川学園行きで、「子の神公園」下車 徒歩6分。
JR市川駅北口→(京成市川真間駅経由)→市川学園行きで、「子の神公園」下車 徒歩6分。
※コミュニティバスご利用の方は「東部公民館」下車 徒歩1分。

10/30(日) 9:45開場、10:00開始
●場所:南行徳市民談話室(南行徳市民センター3F)
●内容:衆議院議員村越ひろたみ・国政報告/守屋貴子市川市議・市政報告
●主催:タウンミーティング実行委員会
●アクセス:東京メトロ東西線・南行徳駅から1分(市川市南行徳1-21-1)

10/30(日) 13:40開場、14:00開始
●場所:浦安市民プラザwave101(JR新浦安駅前、ショッパーズプラザ新浦安4F)
●内容:衆議院議員村越ひろたみ・国政報告/矢崎堅太郎千葉県議・県政報告/岡野純子浦安市議・市政報告
●主催:民主党浦安支部
●アクセス:JR新浦安駅前、浦安市入船1-4-1

いずれも参加費無料です。
ご参加頂ける方は、事前にお申込みくだされば幸いです。
もちろん、当日の直接参加もOKです。

※会場へのアクセス地図は、こちらをご参照ください。
posted by 村越ひろたみ at 00:00| お知らせ

2011年10月11日

出過ぎた杭は打たれない

私は筋金入りのアップル愛好家ですので、伝説の創業者であるスティーブ・ジョブス氏が先日亡くなったことをとても残念に思います。ジョブス氏には数々の逸話がありますが、私を惹きつけてやまないのは、彼が失敗から見事に立ち上がっていく話です。自分が採用した経営者によって、自分が手塩にかけて育てたアップルから追い出されてしまうという大失態を犯すのです。けれども、腐らずに奮闘努力をした結果、その間の成果を古巣に買い取らせる形で、見事なカムバックを果たします。その後の成功は誰もが知るところです。

会社を飛躍させるために自分が雇った人間にクビにされてしまうなどということがどうして起きたのでしょうか。氏の卓抜した能力がゆえにエッジが効きすぎていて、経営陣から煙たがられてしまったのでしょうか。会社が大きくなるにつれて、数字を追求することに汲々としてしまい、本人の感性を押し殺すことで初心を忘れてしまったツケが回ってきたのではないかと私は臆断しています。ちなみに、氏は、この時の顛末を「レンガで頭を殴られたような」気分と述懐しています。

氏はアップルに復帰した後に、Think differentと名付けた一連のキャンペーンで、ガンジーやジョンレノン、キング牧師といった歴史上の人物を並べて「クレイジーな人たち」が世の中を変える、という広告を打ちました。この中には、過去の失敗に対する反省−理想を追求する手を決して緩めてはいけない−が込められているのではないかと考えます。まさに、出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない、と言わんばかりです。そして、最終的に氏の理想がiPhoneやiPadに結実し、氏の先見性に消費者の志向が追いつく瞬間がついにやってきたのだと思います。

さて、私のような凡人が、天才の真似をしようとも限界があるのは目に見えていますが、少なくとも氏から学ばなければいけないことは、どんな逆境に立たされようとも自分の仕事に誇りと情熱を持ち続けよう、ということだと思います。日本が一丸となって国難から立ち上がろうとしているいま、自分の使命を見つめ直して日々の仕事に強い意志をもって取り組んでいこう、創造性に富んだ稀代の天才の訃報を耳にしてそう思いを新たにした次第です。
posted by 村越ひろたみ at 16:00| 閑話休題

2011年09月05日

新政権誕生に際して

おかげさまをもちまして、野田内閣が順調に滑り出しました。世論調査で、軒並み高い内閣支持率が出ているばかりか、政党支持率も自民党を逆転しました。しかし、民主党政権が徳俵に足が掛かった崖っぷちの状態に立たされていることには変わりありません。前政権下で問題提起したものの道半ばになってしまっている税と社会保障の一体改革やTPP、円高・経済対策といった多くの課題を前進させることや、マニフェストの総括をどうするのかといった難行苦行を避けて通ることはできないからです。ここが最後のチャンスと捉えて、政権交代の原点に立ち返って地道な活動を徹底したいと思います。

震災からどうやって立ち上がるか、ということは、日本のグランドデザインを描くことそのものだと考えます。まずは三次補正予算で震災の本格的復興策をまとめることに尽きるのですが、その際、我々は価値観の転換を迫られているのではないか、と思うことがあります。永田町に通勤する際に、新規に建造したものの節電で全く稼働していない歩く歩道やエスカレーターを横目にすると、無くてもやっていけるようなムダ(足が不自由な方にはエレベーターがあります)をどれだけしてきたかと愕然とします。つまりは、物質的に恵まれていることが豊かさに直結する訳ではないことを多くの国民は震災を契機に痛感したのではないでしょうか。幼少の頃、電気を点けっ放しにしたり、醤油を必要以上に注いだりして、父からこっ酷く叱られたものですが、こうした物資が乏しかった時代の価値観や教育方法をこの際参考にするのも一案かな、と思います。

8月30日をもって、あの政権交代から丸2年が経ちました。衆議院の任期は最大で4年ですから、折り返し地点を過ぎたことになります。残りの任期を精一杯務めることでみなさまのご期待に少しでも多くお応えしていきたいと思います。引き続いての厳しくも温かい叱咤激励をどうかお願い申し上げます。
posted by 村越ひろたみ at 15:54| 政治放談

2011年06月08日

トロイカ体制の廃止を!

去る6月2日に内閣不信任決議案が衆議院本会議で審議されました。結果は既にご案内の通り反対多数で否決されましたが、政治の歪みが様々な形で現れただけでなく、多くの問題が積み増しされた格好になり、一体何だったのかと大変腹が立っています。

東北はもとより、浦安市を含めた被災地の復旧復興のために、全身全霊を傾けなければならない今、何故わざわざ時間を浪費するようなことをするのか、不信任案の提出自体は野党の責任ですが、問題は、それに乗じて一部の与党議員が政権の転覆を画策していたことです。

首相・党代表を交代させたいのであれば、党内で議論をし、あくまで党内で決着をつけるべきです。それもせずに、野党提出の不信任案に同調するというのは全くスジが通りません。結果として一部の与党議員が採決を欠席しましたが、離党をしてからにするべきです。

政府の震災・原発事故対応が十分だとは私も考えていませんが、とはいえ、このさなかに首相が交代することで状況が劇的に改善するのか、甚だ疑問ですし、そもそも別の首相だったら原発事故は起きなかったのだ、と言わんばかりの安易な主張には辟易とさせられます。

私は、がれきの処理と仮設住宅の設置に始まり、原発事故対応、液状化対策から自然エネルギーへのシフトに至るまでの一連の復旧復興事業は、日本の将来のグランドデザインを描くことそのものだと考えています。この極めて重大な局面に水を差すようなことを許してはいけません。

民主党は、菅・鳩山・小沢の「トロイカ体制」脱却を模索するべきです。今回の騒動で、首相は著しく誠実さを欠き、鳩山氏は一貫して信頼に値せず、小沢氏は相変わらずの因循姑息ぶりでした。被災された方々に真摯に思いを致し、内輪揉めを制してエネルギーを外に向ける新しいリーダーシップが必要です。

posted by 村越ひろたみ at 11:31| 政治放談

2011年04月14日

脱原発:エネルギー政策の転換を!

 3.11に生じた未曾有の大震災と大津波、福島第一原発における放射能漏出事故という空前の国難に際しまして、被災されたみなさまに心からお見舞い申し上げます。また、被災の最前線にあって公的・私的立場から日々奮闘される全てのみなさまのご尽力に、心からの敬意を表します。

 福島第一原発での冷却機能喪失による原子炉機能の損傷、放射能漏出事故は、関係各位の必死の努力にもかかわらず、依然として危機的状況が継続しており、原発事故の水準としても、チェルノブイリ原発事故と同等のレベル7に至っているとの発表がなされました。放射性物質の拡散、低濃度汚染水の海洋投棄など、わが国の美しい国土が長期にわたって回復困難な形で汚染されてしまったことには、痛恨の念を禁じえません

 一方で、マグニチュード7を超す大きな群発地震が続く中、なお、国内の原発の多くは稼働を続けており、国民のみなさまに大きな不安を投げかけています。
 私は国政の負託を受けた国会議員の一人として、このような事態に立ち至ってしまった責任を痛感し、国民のみなさまにお詫びしなければならないと考えています。

 そして私は、今般の事態を踏まえた痛烈な反省のもとに、原子力発電に対する私自身の考えを明らかにしておきたいと思います。
 私は、日本列島を襲うこの連続した群発地震が一定の落ち着きを見せるまで、緊急的な措置として、特に危険と目される浜岡原発の稼働をすみやかに停止させるべきだと考えます。また、そのほかの原発についても徹底的な安全性の検証を行うべきと考えます。 
 その上で、今回の事態の十分な検証と反省を行い、わが国の中長期的なエネルギー政策の抜本的見直しを通じて、脱原発を明確に志向すべきです。

 私はいますぐに全ての原発を停止させるべきである、との考えは取りません。それは復興へ向かう我が国経済にとって、大きな制約となりかねないからです。
 しかし、日本列島の地殻が活性期に入った可能性のある現在の状況において、旧来の枠組みで設計・運用されてきた原発の運転は慎重の上にも慎重を重ねるべきであると考えます。浜岡原発にもしも福島第一原発と同様の事態が生じた場合、首都圏が壊滅状態となり、我が国の復興が著しく困難となる事態が生じかねません。ことはエネルギー政策の問題であるばかりか、国家の安全保障上の重大問題と捉えるべきです。

 そして中長期的には、脱原発を基軸にすえたエネルギー政策に舵を切るべきです。その際には安易に化石燃料に頼るのではなく、化石燃料から自然エネルギーへの歴史的転換の道を、我が国が率先して切り拓く必要があります。
 容易な道ではありません。しかし、この道を歩まねばなりません。
 私たちの世代が負託を受けたこの日本の美しい国土を、子供たちの世代に美しいままに受け継いでいくことが、何よりも私たちの責務といえるのではないでしょうか。

 私は今後、あらゆる努力を払って、浜岡原発の一刻も早い操業停止と、わが国のエネルギー政策の抜本的転換=脱原発を目指します。

 共に新しい時代に向かいましょう。

2011年4月14日
衆議院議員 村越 祐民

 
posted by 村越ひろたみ at 18:44| 政治放談

2011年03月17日

力を一つに!

東日本大地震で被災されたみなさまに改めまして心からお見舞いを申し上げます。3月11日の巨大地震と大津波は、我々が想像だにしなかった深い深いつめ跡を残しました。特に浦安市では、液状化現象による深刻な被害が出ており、被災地として完全復活に向けて課題が山積している状況です。しかし、こんな時こそ政治が本来の役割を果たさなければなりません。我々民主党一同、政権政党として野党のみなさまにご協力を頂きながら、不眠不休で頑張っています。本来、日本人は、度重なる困難を克服してきた誇るべき歴史と国民性を持っています。その伝統と力を今こそ一つにすることでこの国難を必ず乗り切ることが出来ると確信しています。希望をもって頑張りぬきましょう。我々は先頭に立つ覚悟です。

■震災被害について、ご相談ください。
今回の大震災の被害や今後へのご不安、また停電の情報がわからないなどのお問い合わせ等々、可能な限り対応いたしますので、お気軽にご相談ください。また、被害状況などについての情報もお寄せください。みなさまの声を政府へ直接お伝えいたします。浦安における計画停電回避もみなさまの生の声をお届けする中で実現しました。
TEL:047-333-1990 民主党千葉県第5区総支部

■節電・節水にご協力ください。
原子力発電所、火力発電所の被災により、電力供給が逼迫し、政府は東京電力の計画輪番停電を承認いたしました。国民を挙げてこの困難を克服するために、みなさまには節電へのご協力をお願いいたします。また、水の供給に支障が生じている地域では、節水へのご協力もお願いいたします。

■義援金を募っています。
被災地支援のための義援金を募っています。ご協力をお願いいたします。振り込み口座は下記の通りです。

【郵便振替】00110-6-65328 「民主党募金口座」
【銀行振込】りそな銀行衆議院支店(普)7815354 「民主党募金口座」

※お預かりした義援金は民主党への寄付ではありません。民主党が募金者のみなさまからお預かりし、全額、災害支援活動にお届けします。

どうかみなさま、よろしくお願いいたします。
posted by 村越ひろたみ at 09:48| お知らせ

2011年03月15日

浦安市内被災状況A

東日本大震災により、浦安市の埋め立て地域で、深刻な液状化現象による被害が発生しました。
3月14日、浦安市全域を回って、被害状況を調査しました。

110314_07.jpg 110314_08.jpg 110314_09.jpg

液状化の被害がきわめて深刻な弁天地域。

110314_10.jpg

日の出中学校での給水作業。

110314_11.jpg 110314_12.jpg

道路の陥没や泥の流出は、埋め立て地域の随所に見られる。


浦安市・災害情報のページ http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu9765.html

市川市・災害情報のページ http://www.city.ichikawa.lg.jp/cri01/1111000030.html
posted by 村越ひろたみ at 17:15| 活動報告

2011年03月14日

浦安市内被災状況@

東日本大震災により、浦安市の埋め立て地域で、深刻な液状化現象による被害が発生しました。
3月14日、浦安市全域を回って、被害状況を調査しました。

110314_01.jpg

舞浜のホテル前。これだけの段差ができている。

110314_02.jpg

家屋に向かって倒れそうな電柱。(弁天1丁目)

110314_03.jpg

液状化によるヘドロが各家の前に。(弁天1丁目)

110314_04.jpg

高層マンションの駐車場にわき出たヘドロの除去作業。(高洲)

110314_05.jpg

傾いてしまった電柱。(高洲)

110314_06.jpg

押し上げられてしまったマンホール。(高洲)


浦安市・災害情報のページ http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu9765.html

市川市・災害情報のページ http://www.city.ichikawa.lg.jp/cri01/1111000030.html
posted by 村越ひろたみ at 17:16| 活動報告

2011年03月11日

東日本大地震対策本部設置のお知らせ

本日、午後2時45分頃に東北地方太平洋沖で発生した大地震で被災された方々に心からお見舞いを申し上げますとともに、都心に取り残された帰宅困難者のみなさまに心からお見舞いを申し上げます。

我々、民主党千葉県第5区総支部では、直ちに東北地方太平洋沖地震市川浦安対策本部を設置し、市川市・浦安市および千葉県下と都心下の被害状況を把握するとともに、被災者のみなさま、帰宅困難者のみなさまに出来うる限りのサポートをして参ります。

現状、電話が全くつながらない状況ですが、ネットインフラは比較的しっかりしている様子ですので、ツイッター等を活用して連絡や情報提供を行って参ります。サポートをご希望の方は、メールアカウントあるいはツイッターアカウント<@hirotami_m>までご連絡頂くか、お近くの方は、国道14号線・市川市役所向かいの補聴器屋さんの2階までお気軽にお越しください。
posted by 村越ひろたみ at 21:05| お知らせ